Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のモデルは2022年に興行収入の課題に直面しています

毎年1月、映画プロデューサーのAssn。 日本から記者会見を開き、前年の興行成績と最も売れ行きの良い映画のリストを公開します。

1年前、当時コロナウイルスのパンデミックの最盛期であると信じられていたこのイベントは悲惨な結集でした。2020年の収益は前年より38%減少しました。

1月25日、2021年の合計が14.2億ドルに達したと発表され、気分はさらに明るくなりました。これは、パンデミック前のレベルをはるかに下回っていますが、2020年と比較して13%増加しています。クモ”。 -ガイ:ノーウェイホーム」と地元のアニメーションは、休暇中に「呪術廻戦0」を特集しています。

「今年、新年の興行収入は順調なスタートを切った」と映画プロデューサーのアスン氏は語った。 日本の島谷義重大統領。 「映画業界は、古い年から何かを続けるだろうと思います。」

進行中のパンデミックを考えると、会長の見通しは少し楽観的かもしれませんが、今のところ、ハリウッド映画の運命が空中に残っている間、出展者は地元の作品に依存しています。

島谷は東宝の社長でもあります。 、映画を上映するだけでなく、配給するエンターテインメントの巨人。 過去10年間、パンとバターはアニメーション化されてきました。

ですから、昨年の最も売上高の高い3本の映画が、東方によって全体的または部分的に配布された長編アニメーションであったことは当然のことです。 ランキング1位は、人気TVシリーズ「新世紀エヴァンゲリオン」から派生した庵野秀明監督のアニメ「エヴァンゲリオン3.0 + 1.0三度アポンアタイム」(写真)。

ジェフリーズのアナリスト、竹内真之助氏によると、消費者はパンデミックの際に余暇をどのように過ごすかについてより選択的になっています。 その結果、熱心なファンは強力な知的財産を持つコンテンツを好み、他のファンは無視されています。

「若い世代は、古い世代よりも積極的に出てきています」と彼は言います。 「顧客基盤が若い世代である東宝の演劇事業は、過去5年間で9月から11月の四半期に最高の四半期収益を生み出しました。」

一方、老人に好まれる「歌舞伎」を上演する由緒ある庄子の演劇作品は、「パンデミック前よりもはるかに低い」とのこと。

協会はまた、パンデミックは上映が遅れている外国映画に親切ではなかったことを明らかにした。 その結果、2021年には国内映画が市場の79%を獲得し、前年の76%から増加しました。

「日本の興行収入自体が回復し続ける最大の理由は、外国映画の減少だと思います」と島谷会長は語った。 「私たちが大いに期待していた15のトップ外国映画は延期されるか、生放送されます。」

エピデミックは減速の兆しを見せておらず、政府が9月に東京で発効した非常事態を宣言した場合、出展者にとって障害が発生する可能性があります。 心配なことに、伝染性の高いオミクロンの亜種は、ここ数週間で全国的に症例数を増加させています。 別の発表が発表された場合、劇場はおそらく時間を短縮する必要があります。

驚いたことに、パンデミックは全国的に稼働しているスクリーンの数を減らしていません。 協会によると、昨年の総数は、2020年の3,616人から3,648人に増加した。

ただし、ストリーマーは出展者に圧力をかける可能性があります。 マーケティング会社のGEMPartnersによると、日本のSVOD市場の価値は2019年から2020年の間に約35%増加しました。

アナリストの竹内氏は、若い消費者は、窮屈で伝統的な日本の家にコンテンツが流れ込み、やりがいのない体験を提供していることに気付いたと言います。 彼は、出展者が今後も力を維持することを期待しています。

「日本では、出展者は知的財産の開発と投資にとって最も重要なチャネルの1つです」とアナリストは、2020年の映画「鬼滅の刃」を例に挙げて述べています。 「電子漫画の普及により、アニメファンが増えているので、興行収入の伸びをアニメが支えていくと思います。」

READ  BBCラジオの司会者ジャニス・ロングが「簡単な病気」の後で66歳で亡くなる