Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のラジオ局の研究者が「静かな昼食」のために学校のスペースでビデオを作成します



1月 2022年24日茨城県鹿嶋市の橋笠小学校で宇宙についての動画を見る。 (ミニチ/根本太一)

茨城県鹿嶋市-日本の学校では、コロナウイルス予防活動の一環として、お弁当を静かに食べています。 この東日本都市の小学生が静かな時間をより有効に活用できるように、地元のコミュニティラジオ局と研究者が昼食を見ることができる場所についての教育ビデオを制作しました。

1月 24日、カシマ市立橋加田小学校で、ラジオ局FMカシマとカシマ宇宙技術センターの主任研究員であるヒューズ哲治(51)が制作したビデオが最初に上映された。 生徒たちは昼食をとりながらそれを見て楽しんだ。

ラジオがヒューズに近づいた後、子供たちが友達と話したり静かに食事をしたりすることを禁じているのを見るのがどれほど悲しいかについて、コラボレーションが始まりました。

ヒューズは10年以上にわたり、市内の幼稚園やその他の施設で科学実験を行い、天文学について講義しました。 彼は、教育において、幼い頃に人々の興味を刺激することが重要であると信じています。それは、地域に科学を教えるための施設がないために妨げられています。

FMは鹿島ヒューズとイベントを共催しているが、流行により彼らはキャンセルを余儀なくされた。 2021年の春に、ステーションは「ビデオ」チームを立ち上げ、静かな食事の時間にビデオを表示するというアイデアを思いつきました。 「ビデオを通して、私はテストの詳細をより正確に説明することができます」とヒューズは言いました。

1月24日に上映された最初の映画では、宇宙から来る小規模な電波を捕捉する際のパラボラアンテナの役割などのトピックが紹介されました。 「給食はつまらなかったけど、今日は楽しかった」と小学校5年生の内野小春さん(11)。

10歳のミサジンは、「コロナウイルス感染と戦う人々についてのビデオを見たい」と語った。

無重力に焦点を当てた2番目のビデオはすでに完成しており、2月からハチカッタ小学校以外の企業が利用できるようになります。

ヒューズ氏は、子供たちが鹿島に宇宙研究施設があることを学び、将来の天文学者になることを望んでいると語った。 FM鹿島は、鹿島沿岸工業地帯などで地元企業や地元の名工を紹介することで、「子どもたちの夢を応援」したいと考えています。

(日本のオリジナル根本太一、鹿島地方局)

READ  クラウドファンディングキャンペーン成功後、ジャパンゲーミングソックスが「ゲーミングレインボー」を受賞