Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のリバネスグループがディープテックエコシステムを活性化するためにGarage Malaysiaを立ち上げた

  • 2,097 万ドルの経済効果を生み出すという野心的な目標
  • 三菱電機や小橋工業などの世界トップ企業からのサポート

Center of Garage Malaysia の立ち上げにあたり、Center of Garage パートナーとリバネス チームのメンバーが協力しました。

リバネスグループ(LVNS)は日本が所有しています Center for Garage Malaysia (CoGMY) は、マレーシアのディープ テクノロジー エコシステムに革命を起こすことを目的とした先駆的な取り組みです。 CoGMY は、マレーシアを深い技術知識と製造の世界的拠点として位置づける構えです。

LVNSマレーシアのマネージングディレクター、アブドゥル・ハキム・サヒディ氏は、CoGMYは先進的なインキュベーションエコシステムであり、ディープテックの新興企業、製造業者、業界が協力して成長を促進するために集まる場所であると説明した。 その主な目標は、世界規模のディープテクノロジースタートアップ間のイノベーションを加速するための包括的なサポートを提供するエコシステムとして機能することです。

日本の技術、製造部門、地元の知識を組み合わせることで、CoGMY に参加する企業は、アジア地域やその他の地域の課題に対処するための世界戦略を実行するための準備が整います。 アフリカ大陸は一つの市場です。

「私たちは、日本、マレーシア、その他のASEAN諸国の技術がアフリカ地域に力を与えることができるエコシステムを構築するため、アフリカのパートナーであるAOアライアンス・ホールディングスと覚書を締結しました」とリバネスグループCEOのマロ行広博士は述べた。私たちは、アフリカ経済だけでなく、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国すべての経済の改善を目指しています。

マル氏は、日本と東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国との間の架け橋としてのマレーシアの戦略的地位と、知識交換、人材育成、技術移転の面でのアフリカにとってのマレーシアの重要性を強調した。

CoGMY 内で構築されたパートナーシップは、三菱電機、小橋工業、ユーグレナ、リアル テック ホールディング、グローカリンク シンガポール、マレーシアのエアロダイン グループなどの世界的な業界リーダーや、マイクロ プレシジョン マニュファクチャリングなどのマレーシアの製造パートナーからの強力なサポートによる強力な関係に基づいて構築されています。ピカ。 製造ソリューション、および Zull Design Autotronics。

LVNS はまた、サイバージャヤの Tech Hub の開発会社である Cyber​​view と戦略的提携を結び、マレーシア、特にサイバージャヤでのイノベーションとテクノロジーの促進に重点を置いています。 LVNS は、地元企業、多国籍企業、政府機関とともに Cyber​​view の支援を活用し、さまざまな開発イニシアチブを通じて 2,097 万米ドル (RM1 億) の経済効果を生み出すという野心的な目標を設定しました。

「革新的な企業にとって最適な選択肢としての評判を持つサイバージャヤは、マレーシアに明るい未来を約束します」とハキム氏は語った。 「強力なインフラに加えて、繁栄するイノベーションエコシステムが、この急速に成長する都市の成長の極めて重要な推進力となるでしょう」と彼は付け加えた。

CoGMY は、世界のディープテック業界内でイノベーションと経済成長を推進する上で重要なエコシステムとなることを目指しています。 LVNSは、多大なパートナーシップと非常に明確なビジョンにより、CoGMYがマレーシアの経済情勢に永続的な影響を与える立場にあると確信していると述べた。

チアン博士 (右) は、彼のドローンが市場にもたらすことができるサービスについて説明します。

READ  モトローラは、折りたたみ式のスマート コンセプトを紹介します。