Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のリーダーは、PHLが中所得者の地位に到達するのを支援するという誓約を確認します

この国は現在、フェルディナンド・R・マルコス・ジュニア大統領の政権が終了する前に中所得国に到達するという目標を達成するために、日本からより多くの経済支援を受けることが期待されています。

日本の岸田文夫首相は、先週の水曜日にニューヨークで開催された第 77 回国連総会 (UNGA) の会合で、マルコス大統領に約束した。

「岸田首相は、フィリピンが高中所得国になるための経済発展を支援するという日本のコミットメントを改めて表明した」とベアトリクス・”トリクシー”・クルス・アンジェレス報道官はプレスリリースで述べた。

彼女は、大統領が会議中に彼の政権の優先分野、すなわち農業、食料安全保障、エネルギー安全保障、インフラ開発、サイバーセキュリティについて話したと述べた.

経済協力は別として、両首脳は地域の安全保障、特に「海洋安全保障、海上ドメイン認識、海上法執行能力、ミンダナオの平和」について話し合ったと彼女は述べた。

アンジェリス氏は、「双方は、二国間、地域、および国際的な懸念について意見を交換した」と述べた。

「両首脳は、地域の安全保障と経済情勢における課題と機会に対応して、関係を強化し、協力を強化するというコミットメントを再確認した」と彼女は付け加えた。

文雄は、大統領選挙でのマルコスの勝利に電話をかけ、祝福した国の指導者の 1 人でした。

READ  ドイツの首相:中国の経済の奇跡は消えつつある