Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のレストランやホテルは緊急事態の後の生活を歓迎します

東京-長い非常事態宣言の後、日本がゆっくりと経済を再開する中、レストランと観光産業はトンネルの終わりに日の目を見るようになりました。

東京の高級ジンザ地区にあるロックフィッシュバーのオーナー、カスナリ・マグッチ氏は、次のように述べています。

今月非常事態宣言が解除されて以来、ロックフィッシュは午後8時まで飲み物を提供してきましたが、発生前の午後9時に激動の時期が始まったため、バーは顧客のトラフィックの回復に時間がかかりました。

“したい [people] 落ち着いた夜の雰囲気をお楽しみください」とマグッチは語った。

COVID-19規制は、9月末まで19の州で施行されていましたが、翌月に段階的に廃止されました。 月曜日、沖縄以外のレストランや商業ビルは通常の営業時間に営業することができました。

レストラン、ホテル、旅館でのこれらのビジネスに対する多くの障壁が取り除かれたため、失われたトラフィックがどれだけ回復するかはまだわかりません。

ドコモインサイトマーケティングが提供する位置データによると、金座エリアの旅行者数は、月曜日の夜の午後10時に1週間前と比較して11.6%増加しました。

大宮駅近くのさいたまの賑やかなビジネスセンターでも同数は22.4%増加した。 横浜駅周辺は人口移動が20.1%増加し、大阪の南葉歓楽街は15.7%の利益を記録しました。

居酒屋パブオペレーターの和民は月曜日にすべての場所を再開しました。

「ついにこの日が来ました」と会社の代表は言いました。 「特に居酒屋は久しぶりに閉店しており、とても嬉しいです。」

しかし、ワタミは深夜より早く、または政府の病気の前に多くの場所を閉鎖します。

「私たちは、顧客のトラフィックが監視される時間を延長することについて慎重に決定します」と代表者は言いました。

全国5,400店舗の予約を管理しているテーブルチェコによると、週から日曜日までのレストランの予約は前週から6%増加しています。

数字は回復を示していますが、成長率は中程度です。 和民のような多くのレストランチェーンは遅くまで開店しないことに決めました。 お客様もオーナーも、様子見のアプローチを取っているようです。

旅行の必要性は、より明るい未来の兆しを見せ始めています。 1月全日本空輸によると、2022年3月20日に終了した週の予約は9月の約30%から増加し、今月の2019年の約50%に戻っています。

今月の非常事態解除以降、プリンス京都ホテルの予約は増加傾向にあります。 あるマネージャーは、週末の攻撃率が70%から80%に上昇したと述べました。

感染数の減少により、外に出る必要性が高まっています。 コロナウイルス感染の7日間の平均は10月24日の週に約310で、8月下旬のピークから98.7%減少しました。

現在、約15か月間見られていない新しい感染症があります。 東京では、月曜日に17例が報告され、20日間で2番目に少なかった。

小池百合子東京都知事は記者団に対し、「感染数は劇的に減少した」と語った。 「私たちは、このレベルを維持するために必要なことは何でもするつもりです。」

READ  日本の与党幹部COVID-19は、痛みと戦うための追加予算の機会を指摘している