Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のレストランチェーンの巨人は、海外での成長への取り組みを再開しています

日本のレストランチェーンの巨人は、海外での成長への取り組みを再開しています

Food & Life Companies Ltd.提供
2022年9月に中国・深圳にスシロー店をオープン

レストランチェーンの巨人は、新しいコロナウイルスのパンデミックが鈍化した後、海外への拡大への取り組みを新たにしています. 世界的な経済活動が回復し始め、日本の人口減少により日本市場が低迷する傾向にあるため、通信事業者は主にアジアと北米に注目しています。

シンガポール襲撃

ダスキンは 2 月 1 日、5 月にミスター ドーナツ ファーストフード フランチャイズでシンガポールに初進出すると発表しました。 海外でのミスタードーナツの新規出店は8年ぶりで、シンガポールはタイ、インドネシアに続き、ダスキンが運営するドーナツショップを出店する5番目の国・地域となります。

Duskin の動きは、シンガポール人が最大 5 時間並んで待つという昨年の夏の 1 か月間のドーナツ マーケティング試験に対する肯定的な反応に続くものです。 2018年からシンガポール市場への参入を検討していた同社は、パンデミック後の経済活動の再開を見越して、シンガポールで日本食レストランを運営する企業と11月にフランチャイズ契約を結んだ。

ダスキンは、シンガポールで約 20 種類のドーナツやその他の製品を販売する予定です。シンガポールでは、今後 3 年間で少なくとも 9 店舗をオープンする予定です。日本で使用しているのと同じ材料を使用しています。 ダスキンの大久保博之社長は記者会見で、「シンガポールで成功すれば、近隣諸国にも事業を拡大したい」と語った。

大手パブチェーンを運営するトリキゾクホールディングスは、4月にロサンゼルスに子会社を設立する。 同社は2019年に発表した中期経営計画で、2022年7月までに初の海外出店を目指して市場に参入する意向を表明していたが、新型コロナウイルスの感染拡大により延期された。 同社は現在、今後 12 ~ 24 か月以内にアウトレットを開設することを目指しています。

一方、寿司コンベア ベルトのオペレーターである Food & Life Companies Ltd は、中国で新し​​い寿司店をオープンするペースを加速させています。

人手不足

日本外食産業協会によると、2022年の国内外食チェーンの売上高は前年比13.3%増と3年ぶりの前年同月比増となったが、2019年比では5.8%減となった。大幅に遅くなりました。 バー・居酒屋の売上は前年比80.9%増と伸びたが、それでも2019年の半分にとどまっている。

多くの組織は、人手不足のために時間を削減しなければならず、スタッフの採用に苦労しています。 「成長を続けるためには海外展開が必要です。 国内市場が下降傾向にある中、オークラと同様の見解を持っている会社の役員は他にも多いと言われています。

原材料費の上昇とエネルギー価格の上昇は、業績に圧力をかけています。 回転寿司チェーンのくら寿司は、2022 年 10 月に終了した事業年度の中核事業の営業損失を計上し、原材料、ガス、電気の価格の上昇により 2 年連続の赤字を記録しました。

READ  2021年6月の中華圏と日本のコンテストの更新