Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のロボットカフェは障害者の輝きを助けます

東京—藤田美歌子は、2017年のある時期に、髪をポニーテールにするなどの簡単な作業が難しくなっていることに気づき始めてから7年間バリスタを務めています。

間もなく、彼女は筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断されました。これは、全身の筋肉を制御する神経細胞を破壊する不治の運動ニューロン疾患です。

4年経った今でも、藤田は東京の日本橋地区のお客様にコーヒーを提供しています。 唯一の違いは、彼女が現在、愛知県の300キロ離れた自宅からそうしていることです。

Dawn Avatar Robot Cafeで飲み物を提供するために、藤田はTele-Baristaと呼ばれる人型ロボットを使用しています。 彼の腕で、彼はカップを持って、人間のバリスタのようにフレンチコーヒーを準備することができます。 藤田はエプロンで覆われたロボットをコンピューターのマウスで操作します。 病気が進行し、手の筋肉が動きにくくなると、目の動きを追跡して操作できるコントロールパネルに移動する予定です。

藤田氏は、カメラ付きの別のロボットを使用して、顧客と話したり、どのようなシリアルが欲しいかを尋ねたり、ケニアのコーヒーと一緒にチョコレートを提案したりします。 ロボット「アバター」と呼ばれる織姫は、身長約20cm、テレバリスタの肩に座っています。

現在50歳の藤田は、織姫を介して日経アジアと話し、ALSがあると言われた後、一晩中泣いたことを思い出した。 しかし、2018年から織姫を介して仕事をすることで、彼女に新しい希望が生まれたと彼女は語った。

「遠くからコーヒーを淹れるなんて想像もしていなかった」と藤田はオリハイムの腕を振りながら言った。 「みんなのサポートのおかげで、誰かのコーヒーを作ることができてとてもうれしいです。彼らはそれがおいしいと言っています。」

Cafe Dawnには、テーブルからテーブルへと飲み物を提供する大型のOriHime-Dボットなどのロボットが揃っていますが、藤田のような60人ほどの「パイロット」のおかげで、そのほとんどが身体障害者です。

東京のDAWNCaféのテーブルの間をロボットが移動します。 (写真:小林健)

OriHime-Dロボットがテーブルの間を歩き回っている間、パイロットと顧客の間の会話と笑い声が店を満たします。

Dawnは、ロボット工学も開発したOryLabによって運営されています。 共同創設者兼CEOの芳藤織は、ドーンの背後にある哲学について話しました。

「もちろん、どこにでもコーヒーの自動販売機があります」と芳藤は言った。 「しかし、私たちはそれを繰り返したくありませんでした。私たちは他の誰かのためにコーヒーを作るプロセスを再現したかったのです。」

夜明けは、2018年から東京をはじめ全国で数日から数週間の4回のトライアルを経て、6月にオリラボ初の常設店としてオープンしました。 このショップはOryLabのオフィスと同じ建物内にあるため、開発者はボットが必要とする可能性のある変更をすばやく行うことができます。

10代の頃、病気で家に閉じ込められていたエンジニアの芳藤さんは、いつも2、3体の別々の体を夢見ていたと語った。 このアイデアは、最終的に2010年にオリジナルのOriHimeアバターの作成につながりました。彼は2年後にOryLabを設立しました。

アイテムを持ち運び、独立して移動できるOriHime-Dの開発により、遠隔操作のコーヒーショップを開くことが可能になりました。

Ory Labは、3月から5月にかけてクラウドファンディングを通じて4,400万円(40万ドル)以上を調達し、目標の1,000万円を大きく上回りました。 同社はまた、通信会社の日本電信電話や米国の製薬会社バイオジェンの現地子会社を含む、約10の主要スポンサーを所有しています。

COVID-19のパンデミックにより、リモートワークが普及しつつありますが、重度の病気や障害を持つ人々が以前の経験がない場合、オフィスワークに飛び込むことは容易ではありません。 これが、OryLabが肉体労働と顧客との交流により依存する職場を作ることを目指している理由です。

「寝たきりは働けないというのが常識だ」と芳藤は語った。 「しかし、私はビジネスチャンスが自分の体を動かすことも話すことさえできない人々に開かれていることを示したかった。これらの人々が存在し、彼らが私たちのコミュニティの一部であることをゲストに知ってもらいたい。」

夜明けは国際的な注目を集めています。 先週、フランスの障害者国務大臣であるソフィー・クロゼルは、8月24日のパラリンピック開会式のために東京への飛行機の中で店に立ち寄った。 藤田さんが出すコーヒーを遠くから飲んだクローゼルは言った。 「これは人道的なアプローチです」と彼女は言いました。

フランスの障害者国務大臣ソフィー・クリュゼルが、8月25日に東京のアバターロボットのためにDAWNカフェを訪問しました(写真:杉浦エリ)

東京で日本語を勉強している上海出身のミャオ・ウェンシェンさん(26)が土曜日にカフェを訪れた。 「ロボットがコーヒーを出すというアイデアは素晴らしいアイデアです」と彼は言い、日本か中国のどちらかにコーヒーショップを開く予定だと付け加えました。 「私は、障害者パイロットが豆の選択からコーヒーをカップに注ぐまでのプロセス全体を示す方法が好きで、彼らが提案したチョコレートが好きでした。」

Ory Labはカフェの運営に加えて、ロボットを貸し出し、パイロットやロボットを他社に送ることで収益を上げています。 芳藤氏によると、30人以上のパイロットがオリラボ以外の会社で働いたという。

その中にはムースバーガーがあります。 日本のハンバーガーレストランチェーンは、レストランやオフィスの従業員を障害者にしていますが、チェーンの運営者であるモスフードサービスの代表であるモレノミナコ氏は、「従業員がレストランの1つでリモートで作業するという考えは驚くべきものでした」と述べています。

同社は、パンデミック時の人手不足に対処し、顧客と従業員の直接のやり取りを減らす方法として、2020年7月に東京のコンビニエンスストアでOriHimeを試験的に導入しました。

顧客はボットを介して注文したり、推奨事項を取得したりできます。 「ゲストは注文せずにパイロットとチャットすることさえできる」とモレノ氏は語った。 「パイロットとおしゃべりするために店を訪れるファンもいる」と彼女は付け加えた。

東京のモスバーガーショップにあるOriHimeロボットは、顧客からの注文を受けたり、推奨事項を作成したりします。 (写真提供:Mos Food Services)

これとは別に、モスフードサービスは8月に一時的にOriHime Porterサービスロボットを導入し、キッチンから顧客のテーブルに食べ物を運びました。 モレノ氏によると、同社はインターネット接続と注文システムのいくつかの問題に取り組んでいるが、このプロジェクトは「顧客がリラックスできるだけでなく、従業員が自分の働き方を振り返る機会を与える」と語った。

一方、バリスタの藤田さんは、ドンカフェで働き続けるつもりだと語った。

「カフェでコーヒーを淹れた女の子から、アバターロボットカフェで働きたいと言われました」と藤田さん。 「私がしたことが誰かの夢につながったことをうれしく思います。私の夢は、今後数年間で彼女と一緒に働くことです。」

(写真:小林健)

READ  アルケゴスの喪失とリスク管理の問題により、野村は米国の戦略を再考することを余儀なくされる可能性があります