Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のワクチン接種を受けていない若者が記録的な COVID-19 感染を引き起こしている

日本は、コロナウイルスの流行が始まって以来、最大のアウトブレイクを封じ込めようと奮闘しています。これは、完全に予防接種を受けていない子供や10代の若者の感染率が高いことが原因です。

伝染性BA.5オミクロンサブファクターの大規模な拡散により、東京および日本中の都市で記録的な数のCovidの毎日の症例が発生し、先週初めて230,000を超えました。

昨年 8 月の 19% と比較して、7 月の新規感染者の約 30% は 20 歳未満でした。 30 歳未満の人々を合わせると、すべての新規症例の約半分を占めます。

世界保健機関によると、日本は7月18日から24日の週の間にアジア太平洋地域で最大の新規症例数を記録し、韓国とオーストラリアがそれに続いた.

日本の若者のワクチン接種率の低さは、高齢者が残りの人口に遅れをとっている東アジアの多くの地域とは対照的です。

日本政府は、日本の総人口のほぼ 3 分の 1 を占める 65 歳以上の国民のほとんどにワクチンを接種することにほぼ成功しています。

インタラクティブなグラフィックのスクリーンショットを表示しています。 これは、オフラインであるか、ブラウザで JavaScript が無効になっていることが原因である可能性があります。

4回目の注射は高齢者に配布されていますが、子供と青年へのワクチン接種ははるかに遅く、12歳から19歳の約33%がワクチン接種を受けています.

5 歳から 11 歳の子供を対象とした予防接種プログラムは 2 月に開始され、その年齢層の約 17% だけが 2 回接種を受けました。 政府は、このグループの 3 回目の接種を承認していないため、2 重ワクチンを接種した人は、3 重ワクチンを接種した人よりも感染する可能性が高いことが研究で示された後、専門家の間で懸念が生じました。

「最大の要因は [for the increase in cases] 鹿児島大学の感染症専門家である西純一郎氏は、「子供への予防接種の進歩は遅い。 「病気の蔓延を止めるには今では遅すぎるようですが、長期的には、5歳から11歳までの3回目のワクチン接種が必要になるでしょう.」

若者向けの予防接種プログラムの実施が遅れたことは別として、西氏は、COVID 症例の急激な増加は、流行の最初の波の間に感染した少数の日本人によるものでもあると述べました。 米国の約30%、英国の34%と比較して、日本では人口の10%未満がCovidに感染しています。

厚生労働省に助言する専門家委員会の議長を務める国立感染症研究所の脇田高木所長は、「全国的に記録が続くと予想している」と述べた。

インタラクティブなグラフィックのスクリーンショットを表示しています。 これは、オフラインであるか、ブラウザで JavaScript が無効になっていることが原因である可能性があります。

ウイルスは、アジア最大の先進国の人々の日常生活に影響を与え続けており、多くの人がマスクを着用し、店に入る前に手を消毒しています。

事件の拡大にもかかわらず、政府は以前の波のように社会的および経済的活動に種類の制限を課していません. これは主に、高齢者の症例が大幅に増加したものの、Covidの死亡者数と重症患者数の減少によるものです。

日本では、感染者のコロナウイルスによる死亡率は0.3%であるのに対し、米国では1.1%、英国では0.8%です。 ジョンズ・ホプキンス大学のデータ.

READ  NS。 正味のゼロカーボン排出量はアジアに数兆ドルの費用がかかる可能性があります