Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の三井とパートナーはメキシコのガス発電プロジェクトから撤退する必要があります

日本のブランドである三井物産のロゴは、2018年1月10日に東京で見られます。 ロイター/花井徹/ファイル写真

東京、9月16日(ロイター)-三井物産(8031.T)を含む4つの日本企業が、メキシコの発電所運営会社MD FalconHoldingsの全株式を英国のファンドActisGBLLPに解放することに合意した。 木曜日に言った。

ファルコンが2.23ギガワット(GW)のガス燃料プラントを運営することを免除されるのは、有害な二酸化炭素排出量を削減し、気候変動を削減する競争において、化石燃料からの世界的な傾向が高まっている中です。

MTバルカンの40%の株式を保有する商社である三井物産は、この取引は不動産ポートフォリオの見直しに続くものだと語った。 3月31日に終了する会計年度の売上高から78億円(71百万ドル)の損失を記録する予定です。

プロジェクトの30%の株式を保有する都市ガス供給業者である東京ケースと、20%の株式を保有する日本最大の発電機であるゲラは、結果はポートフォリオレビューの一部であると述べたが、財務的影響についてはコメントを避けた。

プロジェクトに10%出資している東北電力(9506.T)はプロジェクトを確認したが、原因や経済的影響についてはコメントしなかった。

三井とゼラは、今年石炭火力発電所を運営するインドネシアのBTピティダンエナジーの株式を売却することを決定した。

ゼラは東京電力ホールディングス(9501.T)とスブ電力株式会社(9502.T)の合弁会社です。

(1ドル= 109.2800円)

大林組レポート; クラレンス・フェルナンデスによる編集

私たちの基準: トムソンロイター財団の方針。

READ  エレクトロルートがソーラーバランス契約で日本に参入-更新