Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の三井住友が Web3 を探索するためのソウルフル トークンを発行

日本の金融グループである三井住友フィナンシャル グループ (SMBC) は、ソルベント ボンド トークン (SBT) を発行することで、Web3 の利点を探ろうとしています。

イーサリアムの作成者であるヴィタリック・ブテリン氏が提案、SBT は、個人またはエンティティの特性または評判を表すデジタル ID トークンまたは「魂」を表します。 このようなトークンは不変であり、分散型コミュニティと Web3 向けに設計されています。

正式には SMBC 宣言された 12 月 8 日、SBT の実用化に焦点を当てたイニシアチブが、デジタル資産会社の HashPort と提携しました。

組織は、コミュニティ、仕事、知識共有サービス、および分散型自律組織 (DAO) の実用的なアプリケーションを見つけるために、SBT に関する研究を実施することを計画しています。

SMBC によると、能力開発は、社会でさまざまな役割や個性をますます取り入れている個人にとって特に有益です。 同社は次のように述べています。

「この新しい社会では、各個人は、参加する各社会でどの個性を示すかを制御できることが期待されています。SBTは、複数の「魂」を採用することで、これらの新しい社会的ニーズを満たします。

SBT の実用的な用途の 1 つは、1 人のユーザーが社会人で、もう 1 人が音楽ファンであるという状況です。 「このユーザーが転職時にスキルと職歴を証明したい場合、雇用主がSBTを参照できるようにすることで、身元と関連するキャリア情報を同時に証明できます」とSMBCは述べています。

同社は、HashPort とのパートナーシップは将来的に実用化される可能性があり、日本の Web3 経済の発展を促進する有意義な取り組みであると述べています。

「両者は、NFTに関連するコンテンツビジネスの実施とWeb3経済圏のインフラ開発を検討し、国内外でのトークンビジネスの普及を促進します」と発表は述べています。

関連している: 日本、ステーブルコインのアルゴリズムサポートに反対

日本の大手金融機関である SMBC は、世界最大の企業グループの 1 つである三井グループの一員です。 近年、三井物産のさまざまな企業がブロックチェーンと暗号通貨ツールを積極的に模索しています。

2月に、日本の商社大手三井物産が計画していたと伝えられている 金にペグされた暗号通貨を発行する、ZipangCoinと呼ばれます。 先ほど、三井住友信託銀行 資産担保証券トークンの導入 2021年3月にSecuritizeと提携。