Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の三浦株式会社が名古屋で事業を開始

日本のフルサービスの法律事務所Miura&Partnersは、東京と広島の3つの既存の場所に加えて、国内で4番目に大きな都市である名古屋に事務所を開設しました。

名古屋を中心とする東海地方の顧客に対しては、紛争解決やM&Aなどの法的なアドバイスをすでに行っており、事務所を開設することで、企業に「より包括的な」法的な支援を提供することを目指していると語った。エリア内。

名古屋のチームは現在、パートナーの神谷俊一、小松恵子、松井知之、弁護士の作野義義の4人の弁護士で構成されています。

3つのパートナーすべての慣行には、M&A、コーポレートガバナンス、商事紛争が含まれますが、それぞれが財務、雇用、ビジネス規制、テクノロジー、エンターテインメントなどの独自の重点分野を持っています。 Sacanoの慣行は、紛争、危機管理、および税法に基づいています。

神谷氏は同社最大の弁護士であるが、名古屋で誰がチームを率いるのかという質問に対して、両弁護士はそれぞれの分野で高度なスキルを持っており、「意図的に階層関係を築いたのではない」と述べた。

現在44のパートナーと17のパートナーを抱える同社は、オフィスの拡張に熱心であると述べたが、そのためのタイムラインを指定せず、「私たちの当面の目標は、既存のチームに最大の影響を与えることです」と付け加えました。

三浦とそのパートナーも来月初めにプロジェクトアジアを立ち上げる予定です。 このプロジェクトは、ジャカルタとホーチミン市を拠点とする東南アジア/南アジアの責任者であるパー​​トナーの井上亮一氏が主導し、この地域で事業を行う企業に「ワンストップのフルカバレッジサービス」を提供することを目的としています。

日本の他の最近の動きでは、弁護士の数で日本で9番目に大きい法律事務所であるMorrison&Foersterが、東京を拠点とする訴訟パートナーであるDLAPiperの野中隆弘氏を追加しました。 米国のフェロー企業であるヒントン・アンドリュース・カースは、シアマン&スターリングの原子力弁護士ジョージ・プロバスを東京事務所の新しいマネージングパートナーおよび原子力事業の責任者に任命しました。

READ  アマンダ・ホールデン、50歳、夫のクリス・ヒューズと珍しい夜を過ごしている