Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の与党は、中国を中心としたジェノサイド条約への参加を呼びかけている



アニ|
更新しました:
2021年5月16日13:28 彼は

東京 [Japan]5月16日(ANI):来月のG7サミットに先立ち、日本の与党議員は、中国の新疆ウイグル自治区での違反の監視が高まる中、人権外交の問題を進めるための政府の提案を起草した。
日経アジアは、党が今月提示する予定の提案には、ジェノサイドに関する国連条約の批准と制裁を認める法律の導入が含まれていると述べた。
さらに、自民党が発表した勧告では、菅義偉政権が人権問題に関する企業のデューデリジェンスのアイデアを支持することも求められています。
日本の新聞によると、この提案は、人権侵害に対応して制裁を課すための現在の法律を検討すること、または米国のマグニツキー法と同様の新しい法律を発行することを含むオプションを提供します。

この進展は、新疆ウイグル自治区における人権侵害に対する懸念の高まりと、日本の権利問題への対応が比較的遅いことへの懸念を伴います。
今月初め、ジャパンフォワードは、日本企業がウイグル人イスラム教徒を強制的に働かせることが示されているパートナーとのビジネス関係を停止することを計画していると報告した。
オーストラリア戦略政策研究所(ASIP)が発表した報告書によると、ウイグル人の強制労働に関与する中国の工場と取引を行った世界有数の企業80社のうち、合計14社の日本企業があります。
先月、日本の大手ケチャップ生産者であるカゴメは、ウイグル人権侵害事件のため、新疆ウイグル自治区からの原材料の輸入を停止しました。
中国はウイグル人イスラム教徒の抑圧で世界的に叱責されてきました。 しかし、北京はすべての告発と証拠を否定し続けています。 米国や英国を含むいくつかの国は、強制不妊手術と強制労働の報告を受けて、新疆ウイグル自治区の状況を大量虐殺と表現しています。 (アニ)

READ  ソフトバンクのCEO、ロボットは日本の経済を後押しできると言う