Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の与党委員会は、防御を強化するために増税を承認します

  • 日本は軍事費をGDPの2%に倍増することを計画している
  • 法人税、所得税、たばこ税を増税して防衛力を強化
  • 岸田首相、増税計画の進め方に苦戦
  • 防衛のために政府が建設国債を発行することを浮き彫りにする

東京(ロイター) – 日本の与党である自民党の税制委員会は木曜日、日本の法人税、所得税、たばこ税を引き上げることで合意し、地域の緊張の高まりに対処するため、今後5年間で防衛予算を倍増させることを推進した。 .

防衛費を GDP の 2% に引き上げるという岸田文夫首相の公約に続くこの税制は、脆弱な日本の経済に打撃を与える可能性のある短期的な増税に反対する議員の間で論争に巻き込まれています。

遅れは、岸田氏が相反する優先事項をうまくやりくりし、強硬な中国、北朝鮮、予測不可能なロシアによる地政学的リスクに立ち向かうことに対して日本の財政再建を遅らせているため、彼の人気が衰えるにつれて直面している課題を浮き彫りにしている.

日本は、今後 5 年間に予定されている 43 兆円 (3,150 億ドル) の防衛費の資金源を確保するのに苦労しており、2025 年度までに新しい国債発行と債務返済を除く予算のバランスをとるという目標をさらに複雑にする可能性があります。

政府は最近、自衛隊施設の開発のために建設公債を発行したと共同通信が報じた.

与党税制委員会の宮沢祐一委員長は会合後記者団に対し、税制案は4月から始まる来年度の税法改正案に盛り込まれ、金曜日に正式な政府の承認を受ける予定であると語った。 .

「参加者は、防衛税計画全体を私に任せることに同意した」と宮沢氏は語った。

彼は、増税は2024会計年度以降に「やがて」始まると付け加えた。

増税の対象となった 3 つの税のうち、特別所得税は当初、2011 年の東北地方太平洋沖地震と津波の被害を受けた地域の復興を支援することを目的としており、軍事費とは関係がありませんでした。

宮沢氏によると、法人税の引き上げは、年間所得が最大 2,400 万円の中小企業を対象とした 4 ~ 4.5% の追加税率で構成されます。

しかし、一部の自民党議員は、法人税の引き上げは、政府が持続可能な成長とインフレに必要と考える賃金上昇への圧力を弱める可能性があると反対している.

しかし、岸田氏は、国防費に資金を供給するために追加の債券を発行するという彼の党内からの呼びかけに抵抗してきた. これらの債券は、将来の世代の利益のためにインフラストラクチャーに資金を提供することを目的としています。

岸田氏は、防衛建設計画の下で宮沢氏に、28年3月期から年間約1兆円を確保する増税案をまとめてほしいと要請した。首相は来年度の増税を見送る意向だが、 2024会計年度のフェーズで増税。

($1 = 136.6100円)

梶本哲志によるリポート。 武本好文、山口貴也追加取材。 チャンラン・キムとエドモンド・ケルマンによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  日本のソフトバンクがBKashの20%の株式を取得