Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の与党議会は、パンデミック対応に対する不満の中で、憲法の緊急条項を要求します

リンダの薬指

東京(ロイター) – ロックダウンが自発的な遵守を伴うことが多い日本の与党の議員は、COVID-19のパンデミックが戦後憲法を改正し、危機において内閣に全面的な権限を与える機運を高めることを望んでいる.

そのような動きは何年にもわたらないかもしれませんが、この議論はパンデミックの中で新たな注目を集めています。 コロナウイルスに対する政府の対応に対する国民の不満は、緊急事態条項への支持につながり、先月の共同通信の調査では57%が賛成していた.

感情の変化は、議会が憲法改正に関する国民投票を実施するための法律を見直す準備をしているときに起こります。 改正の目的は、投票所へのアクセスを改善するなど、投票を容易にすることです。

しかし、今月可決される予定の修正案は、菅義偉首相率いる自由民主党の議員から、国家非常事態下での市民権の制限を可能にする憲法改正を求める新たな呼びかけと一致している。

このような修正に必要な国民投票は、両院の 3 分の 2 の賛成がなければ実施できなかったが、世論が分かれているため、大きな障害となっている。

米国が起草した憲法を第二次世界大戦での屈辱的な敗北の象徴と見なす保守派は、平和憲章の第9条の修正を長い間望んでいたが、パンデミックにより緊急事態条項に注意が向けられた. 1947年の発効以来、憲法は改正されていない。

支持者は、伝染病、敵の攻撃、災害などの危機に対処するために非常事態条項が必要であると述べています。

自民党の柴山昌彦副幹事長は、憲法は公共の福祉を守るための個人の権利を制限する法律の通過を認めているが、突然の危機の場合には長い時間がかかる可能性があると述べた。

「政府が法律の力で命令を出すことができなければ、人々の命を守ることはできない」と彼はこのような状況でロイターに語った。

批評家は、自民党の提案は政府にとって大きすぎると言う。

元明治大学法学部教授のローレンス・レペッタ氏は、非常事態条項は「内閣が宣言する非常事態の際に、内閣に秘密政府を形成する権限を与える」と述べた。 「今日の立憲民主主義のアンチテーゼになるだろう」

首都大学東京の木村草太教授やその他の研究者や医療専門家は、憲法上の欠陥がパンデミックへの日本のアプローチを妨げているという提案を拒否しました。

慶應義塾大学の横大堂教授は、「緊急事態条項がないことが、新型コロナウイルスへの対応がうまくいかない理由だとは思わない。問題は無能な政治家だ」と述べた。

菅氏は、経済への影響による困難な措置を警戒していた。

有権者に修正案がいつ提出されるかは不明です。

自民党とその同盟国は、今年の総選挙でまず衆議院で 3 分の 2 の過半数を維持しなければならない。 改正された法律は、国民投票の前に 3 年以内に宣言の範囲を決定することを議員に義務付けています。

自民党のベテラン議員であるフォナダ・ハジメ氏はロイター通信に対し、広告問題が解決される前に修正案について議会の承認を求めるのは「政治的に難しい」と語った。

(Linda Seig によるレポート。Jerry Doyle による編集)

READ  欧州連合の指導者たちは東京オリンピックへの支持を表明します