Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の中学生の 60% 以上が現金以外の支払いを使用している: 研究

(ゲッティイメージズ)

東京 — 日本の中学校 3 年生の約 61.8% がキャッシュレス決済を利用していると答えた.

慶應義塾大学の経済学者で吉野直之名誉教授が委員長を務める研究会は24日、日本の金融教育に関する最新の調査結果を発表した。 2014年の第1回調査に続き2回目の調査で、2022年2月~3月に実施。 .

2022年の調査によると、中学3年生の49.2%がSuicaやPasmoなどの公共交通機関のICキャッシュカードを利用しており、21.6%がバーコードやPayPayなどのQRコードを利用したキャッシュレス決済やコンビニ決済を利用していると答えています。ライン。 別の 9.5% は、スマートフォンを使用して非接触型決済を使用していると答え、4.4% はクレジット カードで支払うと答えました。 30%がキャッシュレス決済を利用していないと答えた。

キャッシュレス決済のメリットを複数回答で質問したところ、「すぐに決済が完了する」が85.1%、「決済後はおつりはいらない」が75.1%と続きました。 一方、回答者は、クレジットカードやその他の種類の決済デバイスを紛失した場合、54.2% が「不正使用のリスクがある」と回答するなど、キャッシュレス決済のいくつかの欠点を挙げ、45.9% がキャッシュレス決済を受け入れない企業があると回答しました。 . 19% は、クレジット カードなどの一部の支払い方法では、支払能力を超えるものを購入できることを示しています。

一方、教師を対象とした質問では、48.1%が金融教育は必須と答えた。 そうした教育を「不要」または「優先度が低い」と答えた教師は全体でわずか9.3%にとどまり、以前よりも学校での金融教育の必要性に対する教師の意識が高まっていることがわかります。

学校で金融の授業を行うことに対する否定的な意見の中で、回答した教師の一部は、「現実世界の経済の変化は複雑すぎる」と述べました。 研究委員会の吉野委員長は、学生向けのビデオ講義やオンライン授業を活用して教師の負担を軽減する必要性についてコメントしました。

調査は全国の約 5,000 の中学校に送信され、2,536 人の家事と社会科の教師が回答し、達成率は 15.8% でした。 生徒については、理事会が全国66校に参加を呼びかけたところ、中学3年生5,737人から回答があり、達成率は67.3%でした。 日本証券業協会の日本証券業協会が調査委員会の事務局を務めています。

【佐久間一樹】 マイニュース

READ  日本のタミヤは新しいセブ施設に20億ドルを注入します