Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の丸山、幅口がビーチバレーボール予選をリード

スバイ — 日本の丸山早紀と羽場口エリカは、木曜日に灼熱の太陽の下で十分な筋肉を曲げて、ここスービックベイサンドコートで行われた FIVB 世界選手権の本戦への予選行進をリードした。

しかし、丸山と羽場口は、フィリピン・ナショナル・バレーボール・アソシエーションが主催するトーナメントで、白畑亜美と山田彩香を21-18、22-20で日本の7組から排除しなければならなかった。

日本の丸山紗希選手(左)と羽口エリカ選手が予選通過後、親指を立てた。

いずれにせよ、2019年東南アジア競技大会の会場となった施設で行われた無原罪懐胎の饗宴への無料入場を歓迎された熱狂的な観衆からのスタンディング・オベーションとスービックの太陽を楽しんだので、丸山と葉口は興奮して幸せでした.

「暑かったですが、試合を楽しみました」と、41 歳になった葉口は、2014 年の仁川アジア競技大会で日本代表として姿を現したときと同じようにしっかりした体型を維持していると語った。

ちょうど2週間前にオーストラリアのトーキーで開催されたチャレンジャーイベントに出場した日本のペアと会って挨拶し、セルフィーを撮ることにファンはとても興奮していると、羽場口氏は語った.

「彼らはみんなとてもかわいいです」と羽口と丸山(30 歳)は、FIVB の標準的な競技会に惹かれた学齢期の子供たちと「とてもフレンドリーで親切」と表現した地元のボランティアと自撮りを求めました。

カナダのダービー ダンとオリビア グレース フォーランは、フランスのマノン レプフェルとメロディ ベンハムを 18-21、21-18、15-10 で破り、女子の本戦に進出しました。日本、ノルウェー、シンガポール、チェコ共和国、オランダ、アメリカ、カナダ、韓国、フランスからあなたを待っています。

日本の佐藤亮斗と進藤亮は、オーストリアのシュテファン・ショソルとマティアス・ガーシンを21-19、23-21で破り、イスラエルのトメル・ハダルとデビッド・ランチャーノを22で破り、男子のメインドローに進出した。 . -20、21-18。

予選は木曜日の午後遅くに行われ、4 つの男子チームと 4 つの女子チームが、フィリピン スポーツ コミッション、PLDT ホーム、Rebisco の支援を受け、Akari、F2 ロジスティクス、アシックス、SBMA の支援を受けて、イベントの男子と女子のメイン ドローのホーム チケットを獲得しました。フィリピン オリンピック委員会 Smart Giga Play、Signal Play、OneSports、OneSports+、Senoh、Mikasa。

メインドローの試合は午前 8 時 30 分に開始され、金曜日に OneSports と OneSports+ で生放送されます。 決勝戦は日曜日に設定されています。

READ  アメリカンエキスプレス2022での架空のゴルフ、順位表、ラインナップ、寝台車:ジョンラムの復帰、スコッティシェフラーは衰退しました