Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の主要な経済団体の率直なリーダーが久しぶりに辞任する

読売新聞
日本商工会議所の三村昭夫会頭が、10月20日に東京で開催された最後の定例記者会見で、記者団の質問に答えている.

日本三大経済団体の一つである日本商工会議所の会長を、経済界の重鎮である三村昭夫氏が10月末で退任する。 現在は新日鉄として知られる鉄鋼大手の名誉会長である三村氏の長年にわたる発言は、日本政府と経済界に多大な影響を与えてきました。

JCCI のメンバーは中小企業が大半を占めていますが、81 歳の三村氏は、中小企業に影響を与える問題だけでなく、政府と民間部門の両方が関与するより包括的な問題にも取り組んできました。

三村氏は 9 年間組織を率いてきたが、3 期目を終えると辞任する。 彼は、多くの JCCI 役員から、彼らの最も偉大な指導者の 1 人であると考えられています。

後任は三菱商事の元社長で大企業出身の初代会長である小林健氏(73)。 問題は、現在三菱商事の顧問を務める小林氏が、このような価格高騰の中で、三村氏のように組織のメッセージを効果的に伝えることができるかどうかだ。

三村氏は2013年11月、日本の中小企業が競争力強化という大きな課題に直面する中、国際的なリーダーとしてJCCIの会長に就任した。 それ以前は、新日本製鐵株式会社の会長兼会長を務めていました。

三村氏は、10月20日に東京で開催された会長としての最後の定例記者会見で、「私は自分の役割で何をすべきかについて9年間悩み、考えてきました。 その答えは、「日本経済を再び立て直すこと」だと彼は言った。

三村氏は国際協力委員会の委員長になって以来、政府の省庁や産業界を批判する率直な発言を繰り返してきた。 これにより、彼は、自分自身を主張する能力が低下していると批判されたビジネス組織の長の中でユニークになりました。

三村氏は、安倍晋三元首相率いる国民総活躍推進国民会議など、政府の重要な会議のメンバーになったとき、税を含む幅広い政策について、彼が必要と考える措置を繰り返し求めた。財政とエネルギーの問題。

たとえば、ミモラは、大企業と中小企業が公正な価格で互いに取引できるようにし、企業がコストを販売価格に転嫁できるようにするための措置を講じることを政府に要求しました。 この 2 つの立場は、最終的に政府の政策に反映されました。

物価が下落し続けるデフレから、資源コスト高による物価上昇の時代へと経済が移行する中、ミムラは中小企業の収益力確保に尽力してきました。

ビジネス リーダーの 1 人は、「重要な瞬間における彼の観察は影響を与えました。

READ  編集:貿易協定への道を開く