Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の人口危機: 人口と出生率が低いために選手を見つけるのに苦労している地方のスポーツクラブに、仮想現実は解決策を提供できるか。

日本の人口危機: 人口と出生率が低いために選手を見つけるのに苦労している地方のスポーツクラブに、仮想現実は解決策を提供できるか。

日本の出生率は減少しており、人口も減少しています。 これは、一部の子供たちにとって、クラスメートとチームスポーツをする単純な楽しみがもはや当たり前のことではなくなっていることを意味します。 ある遠隔地の高校がこの問題に苦しんでいる一方で、あるテクノロジー企業は仮想現実ソリューションを提供しています。

3月の曇りの日、OK高校野球部は練習する予定だった。 しかし残念ながら、チームには通常9人以上いるメンバーが8人しか残っていない。 さらに悪いことに、ホームにいる選手4人が病気や怪我をしている。 今回の挫折により、トレーニングセッションさえ価値がなくなったようです。

栄誉ある全国高等学校野球選手権大会への出場権を獲得するほどの強豪校だった約20年前の時代とは大きく異なっている。

青木高校は、本州から約80キロ離れた島根県島後市の離島、隠岐の島町にあります。 この町の人口は約13,000人ですが、その数は減少傾向にあります。 人口の 40 パーセント以上が 65 歳以上です。

隠岐の島は、島根県の島後島にある離島です。

16歳の平田正樹は島で育ち、小学生の頃から野球を続けていた。 しかし高校生に近づくにつれ、大好きなスポーツを諦めなければならないのではないかと不安になり始めた。

平田正樹は青木高校野球部員。

彼は、学校の野球部のメンバー全員が上級生であり、自分が入部する前に卒業していたことに気づきました。

平田さんによると、友人の中には、好きなスポーツが確実にできる学校に通うために島を出た人もいるという。 しかし、彼は島に残り、島に転校してきた5人の新入生のおかげで、学校はチームを結成するのに十分な人数を集めました。

平田氏は、小規模チームが悪いわけではないと言う。 彼にはプレーする機会が増え、経験を積むことができる。 しかし、それには課題も伴います。

「通常、選手たちはさまざまなシナリオをシミュレーションするために走者を塁上にして練習しますが、8人の選手ではそれはできません」と彼は言います。 「学校の他のクラブから選手を借りなければならないのですが、彼らに来てもらうよう説得するのは必ずしも簡単ではありません。」

人口転換

日本の高校生の数は過去30年間で約50パーセント減少しました。

日本の高校生の数は減少している:文科省のデータ。

生徒不足を理由に多くの学校が統廃合・廃校になっています。 一部の田舎の学校ではチームスポーツはもう提供されず、代わりにテニスや水泳などの個人活動に重点を置いています。

掛け算の練習に役立つ仮想現実ソフトウェアは何ですか?

青木高校の選手不足は、東京に本拠を置くソフトウェア会社NTTデータジャパンの注目を集め、3月に仮想現実トレーニングツールのトライアルを提供した。

OK 高校野球チームのメンバーが、運動トレーニング用に仮想現実ヘッドセットを試しています。
チームメイトが画面をチェックする中、一人の選手がバットを振る。

ヘッドセットにはバッターボックスからの景色が表示されます。 プレイヤーは仮想投手が投げた球に合わせてバットのようなデバイスを振ります。 プログラムでは高めのボールから時速160キロに達する大谷翔平風の速球まで約200種類の投球に挑戦できる。

VR ヘッドセットにはヒットの軌跡が表示されます。

このヒッティングシミュレーターはスイングを練習するだけではありません。 ユーザーは、独自のゲーム条件をシミュレートし、特定の役割を定義し、ロードするルールを選択できます。

Baseball Simulator メニューにはさまざまなオプションが用意されています。

平田にとって、シミュレーションは大成功だった。 「すごかったよ」と彼は言う。 「これは私のチームが普段練習している方法ではないので、私にとってはとても興奮しています。」 彼は、現実世界でのチームメイトの数に関係なく、自分のスキルを磨くことができるようになりました。

同校ではこの技術を導入するか検討中だが、チーム監督の富岡幹太氏は期待を寄せている。

彼は、現実の野球には多くのスペース、用具、人員が必要だと言う。 「このデバイスを使用すると、子供たちはほとんど道具を使わずに遊び始めることができ、自分たちで遊ぶことができます」と彼は言います。 「これにより、人々が野球に熱中する機会が増えると思います。」

青木高校野球部監督 富岡幹太

長所と短所

スポーツと教育の関係を専門とする早稲田大学の中沢篤教授は、テクノロジーはスポーツを身近なものに保つのに役立つが、仲間と学ぶことの重要性も指摘する。

早稲田大学の中沢篤教授は、ピアラーニングが重要だと言う。

「これまでの会員数がなくても、これらのクラブを存続させることができます」と彼は言います。 「しかしその一方で、これを使えばチームメイトは必要なくなるでしょう。私たちは VR から何を得ることを望んでいるのか、そしてそれが私たちにとって何を意味するのかを慎重に考えなければならないと思います。」

日本では、学生は年間を通じて 1 つのスポーツと 1 つのクラブに取り組む傾向があります。 「アメリカでは、スポーツクラブには特定のシーズンにプレーする時間があります」と中沢氏は言う。 同氏はさらに、「このような柔軟なシステムにより、学生にはより多くの機会が与えられる。学生が減れば選手も減る。しかし、複数のチームでプレーすると、突然1人の学生が2、3人の選手を代表することになる。」と付け加えた。

子どもがいないということは、これらの生徒たちが本来得るべき機会を得られないことを意味します。 スポーツ以外の分野でも、彼らは前に来た人たちと同じ経験をすることはできません。

日本は世界有数の人口減少国の一つです。 しかし、私たちは別の方向にリードすることもできます。 必要な努力をすれば、これらの問題はテクノロジーと改革で解決できます。

チームメンバーは仮想現実ヘッドセットを使用してトレーニングします。

READ  マンチェスター・ユナイテッドの移籍ニュース:今年の夏にプレミアリーグのミッドフィールダーに署名するための「基礎が整っている」