Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の仏教寺院は、観光客に「Shokubo」の扉を開きます。 トラベル

日本の仏教寺院は、観光客に「Shokubo」の扉を開きます。 トラベル

何世紀にもわたって、聖人、巡礼者、貴族は交差する神聖な道を歩いてきました 日本は知識と悟りを求める. 山道を歩いて長い一日を過ごした後、疲れた体を休めるために、彼らはいつも「お寺」または寺院を探していました。 寺院が伝統的な食事や祈りとともに提供できる簡素な宿泊施設は、「しこぼ」として知られるようになりました。

現在、巡礼者は珍しく 日本寺院は木製の引き戸を世界中からの旅行者に開放しています。

高山の善光寺の著名な僧侶である山本開治は、次のように述べています。 中央山 岐阜県.

「今日、ますます多くの旅行者がShkoboをユニークな滞在場所として利用し、完全に穏やかな体験を提供しています」と彼はDWに語った. (こちらもお読みください | 日本は旅行業界を復活させるために4年ぶりに観光フェアを開催)

僧侶の生活を体験

シコボの初期には、修行者の慣習に合わせて、住居はやや質素でした。 ゲストはしばしば談話室で寝て、昼と夜のさまざまな時間に常駐の僧侶と一緒に瞑想と祈りのセッションに参加しました。

伝統的な仏教の「精進料理」の食事は、肉、魚、その他の動物性食品を一切使用せずに提供されました。

会席料理の代表的な食材は、寺院を囲む山から採れた野菜や季節の植物、豆腐や大豆を使った料理です。 総合すると、これらの成分は体、心、精神にバランスと調和をもたらすと信じられています.

これらの基本的な始まりから、宿坊邸は大きく進化しました。 一部の寺院では、ホテルの品質に匹敵する宿泊施設を提供しながら、同時に伝統的な寺院周辺の雰囲気を維持しています。

現代の訪問者は、瞑想セッション、祈祷会、ヨガ、写経、周囲の山々へのガイド付きツアーに参加できます。

特別な機会に、訪問者は滝の下に立って祈りを唱えることを含む浄化の儀式に参加することもできます.

「修工房への関心が高まっているのは、仏教を学んだり、坐禅やマインドフルネスなどの心身の調整などの修行に参加したり、異文化に触れたりすることに関心を持つ人が増えているからだと思います。 」と山本さん。

彼は、日本の地方に多くの寺院が存在することは、以前に都市を探索したことがあり、古代の伝統を体験しようとしている外国人訪問者を引き付け、これに役立つと付け加えた.

商工坊の伝統と大企業の出会い

国内外の企業からの関心の高まりを利用することに熱心な多くの寺院は、在宅勤務の機会とともに、企業のリトリート、チーム ビルディング レジデンシー、会議、モチベーションを高める旅行を提供し始めています。

東京の南西に位置する静岡県の田舎にある北寺は、数百人を収容できる豪華な本堂を瞑想セッション、講演会、会議に使用して、商業イベントを開催した施設の 1 つです。

広大な 15,000 平方メートルの寺院複合施設には、茶会室、会議室、50 名まで収容可能な宿泊施設、精進料理の食堂もあります。

株式会社シェアウイングの創業者兼CEOの佐藤麻衣さん。 Otera Stay ブランドを運営し、日本全国の 10 の寺院を代表する東京を拠点とする会社。

「寺院は、通常の観光活動として寺院を訪れるのではなく、食事、体験、寺院の僧侶との会話を通じて、夜を過ごし、リラックスし、立ち止まり、日本の文化、伝統、仏教を体験するのに最適な場所です」と彼女はDWに語った.

「大広間や和室は伝統的な日本建築の好例であり、訪問者は古代の仏像や絵画の芸術を体験でき、その多くは国宝に登録されています」と彼女は言いました.

「神聖な空気と豊かな自然環境の中で過ごす時間もとても特別です。これは、ダウンタウンのホテルとにぎやかな観光リゾートとの大きな違いです」と彼女は付け加えました。

善光寺では、コロナウイルスのパンデミックの最悪の事態が過ぎ去り、国境が再開された今、山本住職は再び外国の訪問者を歓迎することを楽しみにしています.

「食房は、ホテルやホステルに滞在するのとは大きく異なります」と彼は言いました。 「それは生きた文化であり、娯楽や娯楽のために作られた施設ではなく、ゲストは世代を超えて受け継がれてきたすべての伝統と歴史を体験することができます.」

山本と仲間の僧侶たちは、ユニークな「怪談めぐれ」の神社の儀式を開催する準備をしています.

「階段めぐれの儀式では、参加者の1人が、道を示す光のない寺院の階段を上らなければなりません」と山本氏は語った. 「黒く塗られた扉の鍵を見つけると、勇気が出て暗闇への恐怖を克服できると言われています。」

READ  ハリー王子とメーガン妃、謎の新事業に向けて英国を拠点とするPR専門家を雇用中