Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の代表は、北ウェールズの低炭素の可能性を見ています

日本風力発電協会の代表団が今週ノースウェールズを訪れ、この地域の驚くべき発展を見ました。

この協会は2001年に設立され、日本の大手風力発電会社の代表者が参加しています。

27人の代表者のチームは、この地域で3日間過ごし、ツアーの新規および既存の計画について学びました。

それらには、ミノイサイエンスパーク(M-スパーク)、ミネスト、フォントラックウェイ、モナリフティング、ノースウェールズポート、モスティンホール、プリズミアンケーブル、オフショア再生可能カタパルト、ジョーンズブラザーズエンジニアリング、ワークインアサイトオーナーなどが含まれます。

続きを読む:

気候危機:ウェールズ政府は再生可能エネルギーについて「急いでいない」

北ウェールズのレスリー・グリフィス大臣は、次のように述べています。「ウェールズ政府が日本の風力発電協会の訪問を支援してくれたことを嬉しく思います。

「M-SparkやAMRCSymruなど、北ウェールズの最新テクノロジーを探索するためのプラットフォームを提供する上で、驚くべき発展が見られました。

「特に北ウェールズは低炭素エネルギー生産の最前線にあり、今回の訪問は将来に役立つ関係を築くでしょう。

「ベンダーのウイスキー蒸留所に行くなど、地元の食材を味わったり飲んだりする機会があったことをうれしく思います。」

ヴォーン・ケッティング経済相は、次のように述べています。

「たとえば、2つのユネスコ世界遺産であるコンウィの街であるHyokoのHimageji要塞とConwy要塞の間の最初で唯一の双子の間に特に密接な関係があることを私たちは知っています。彼らはツアー中に訪れました。文化と言語。

「代表団の訪問は、その関係をさらに強化し、低炭素エネルギー生成の分野でお互いから学ぶ機会を提供します。

「ウェールズは英国で最初の沿岸風力プロジェクトを実施したので、私たちの学習を彼らと共有できることを願っています。

「このツアーに携わったすべての人がこのツアーをサポートするために時間と労力を費やしてくれたことに感謝します。今後数か月以内に日本からの代表者をさらに迎えることを楽しみにしています。」

一般社団法人日本風力発電協会の湯田義典会長は、次のように述べています。

「私たちはこれらのプロジェクトを学び、見て、ウェールズでの将来の機会について学ぶ機会がありました。

「沿岸航空宇宙産業は日本ではまだ揺籃期にあり、ウェールズとのパートナーシップとこの分野での低炭素の発展に関心を持っており、すでに確立している強力な関係を築いています。

「これは、日本風力発電協会のほとんどの会員にとって、ウェールズへの最初の旅行です。

「ここノースウェールズでの3日間、製造業、開発者、港湾所有者から、この情報を消化するために持っていくと聞いています。

「ウェールズと再び協力することを楽しみにしています。」

READ  日本はいくつかのCOVID-19緊急制限を緩和することを検討しています-メディア