Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の代表団がサウジアラビアでトレーニングプログラムを完了する

JEDDAH:JAM Projectはサウジアラビアでのデビューで歴史を築き、サウジアラビアで演奏する最初の日本のバンドになりました。

このショーは、金曜日にジェッダのシティウォークのアニメビレッジエリアで開催された活動と特別ショーの一部でした。

JAM Projectは、「Garbo」や「Cardfight!」など、アニメシリーズや映画のメイントラックを歌うことで知られるアニメーションジャンルのバンドです。 と「サイボーグ009」と「ユギオー!」 「ワンピース」と「ワンパンマン」に加えて。

左から右へ(福山芳樹、影山ヒロノブ、オコイマサミ、インドマサアキ)

このグループは、村中に響き渡るさまざまなアニメソングを演奏しました。 演奏された曲の中には、ワンパンマンの曲「TheHero!!」がありました。 そしてクラッシュギアファイト!! そしてクラッシュギアファイト!! ワンピースのWeAreとドラゴンボールZのチャラヘッドチャラ。

24歳のWaadAl-Harbiは、人気アニメ「ワンピース」を通じてJAMプロジェクトを知るようになったと語った。 「私たちの間に何もない状態でJAMProjectのコンサートに行き、私のお気に入りの曲をライブで聴くことは夢の実現です」と彼女は言いました。

28歳のフィラス・ブハリは、「バンドは 『ワンパンマン』から紹介された。コンサートは活気にあふれ、すべての公演を本当に楽しんだ。

金曜日にKindomで開催された最初のJAMProjectコンサートを見に何百人ものファンが訪れました。

JAMは「JapaneseAnimationMaker」の略で、2000年7月19日に日本の有名なソングライターである水木一郎によって設立されました。 バンドは、署名曲を演奏するために集まったソロ歌手で構成されています。

式典終了後、ツイッターでママスミ・オクイがファンと一緒に撮った写真を共有し、「サウジアラビアの皆さん、現地スタッフ、日本人スタッフ、そして日本から私たちを支えてくれた皆さん」に感謝の気持ちを込めてキャプションを書きました。

土曜日に、バンドは歴史的な街ジェッダを観光しました。 グループで唯一の女性であるオコエは、海軍のアバヤを着て、サウジアラビアの女性のように髪を覆っていました。 「それは街の素晴らしい眺めでした」と彼女は書いた。

日本のグループJAMProjectが5月27日にサウジアラビアでステージ上にデビューしました。

残りのグループとボイスディレクターの山本直哉は、山本のツイッターにドレスを着た自分の写真を投稿した。 「サウジアラビアから帰る前に、私たちは旧市街を観光し、ドレスを着て、みんなと写真撮影をしました…笑」とツイートは読んだ。

JAM Projectは当初、創設者のミズキを含む9人のメンバーでしたが、数年前に坂本英三と松本梨香を離れました。 ヒカルド・クルーズはセミレギュラーメンバーですが、残りのメンバーは影山ヒロノブ、遠藤正明、北谷宏、オコイマサミ、福山芳樹です。

JAMは「JapaneseAnimationMaker」の略で、2000年7月19日に日本の有名なソングライターである水木一郎によって設立されました。 (付属)

ジェッダシーズンのシティウォークは、エントリービレッジ、フードホール、ファッションビレッジ、スプラッシュ、ホラービレッジ、ジェッダライブ、アドベンチャー、ウォーターフォール、アニメビレッジの、すべての好みと年齢層に合わせて9つの村に開かれています。

ジェッダの第2シーズンは、5か月で1,500万回以上の訪問を記録したリヤドシーズンの成功を受けて、「OurBeautifulDays」というスローガンの下で開催されます。

毎年恒例のジェッダフェスティバルは、イベント期間中の9つの地域での2,800の活動を通じて、街の豊かな遺産と文化を強調することを目的としています。

フェスティバルシーズンでは、70のインタラクティブな体験、60を超えるエンターテイメント活動、7つのアラビア語劇、2つの国際劇、航海イベント、サーカス、4つの国際見本市、その他家族向けのさまざまなサービスを提供しています。

READ  クリス・マーティンは、コールドプレイがさらに3枚のアルバムの後に音楽を作るのをやめることを明らかにします