Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の企業、旭化成がMJHでHomeBuilderの復旧プロセスをさらに深く理解

パートナーシップの双方は成長を目指しています。 東京に上場している親グループであるAKH旭化成は、オーストラリアだけでなく米国でも住宅建設を行っており、2025年までに現在の売上高7500億円(89億ドル)を1兆円に増やすことを目指していると菊池氏は語る。前記。

Andrew Helmers、MD、MJH:「垂直統合」。

MJHは、連邦住宅建設支援スキームの恩恵を大きく受け、週末に連邦政府が発表した12か月の延長を公に働きかけ、昨年のHIA Colorbond Housing100ランキングで国内で5番目に大きい住宅建設業者でした。 2,761回の開始。

年間1万戸の住宅建設を目指しており、新たな親会社の投資を活用して、サプライチェーンを確保するために垂直成長を図っています。

昨年、MJHはアデレードを拠点とするWeeks Buildingグループの住宅建設を買収し、MJHが住宅に使用するタイヤの半分を供給するスチールタイヤメーカーのSupalocを買収しました。 MJHはSupalocの2倍の生産を目指しており、他のサプライヤーも探しているとHelmers氏は語った。

「私たちは、私たちのビジネスに関連するスペースに垂直統合されたいと思っています」と彼は言いました。

「私たちは毎年1万以上のオーストラリアの家族に製品メーカーと住宅供給業者になりたいと思っています。追加の投資がこの野心を駆り立てます。」

AKHの投資増加は、人口減少と国内の高齢化に直面して成長を続ける方法として、日本の建設業者がオーストラリアやその他の外国に拡大するのを目の当たりにした最新の波です。

積水ハウスは、シドニーのデベロッパーであるペイスと共同で10年以上にわたって個人住宅を建設しており、東京に上場している住友林業グループは、東京証券取引所にも上場している住宅建設業者のウィズダムグループ、ヘンリーグループ、大和ハウスの最大の所有者です。 、住宅建設業者によって買収されました。2017年にRawsonGroupで。

大林組、東京上場商業建設会社 Builtとの提携 WalkerCorpによる3ヘクタールのParramattaSquareなどのプロジェクト。

READ  アトランタナカト日本食レストランとパパのバーベキュージョイントは、アメリカンエキスプレスから40,000ドルの歴史的保存助成金を受け取ります