Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の企業が採用しているビジネスと人権の枠組み

日本政府がサプライチェーンにおける人権を保護するための企業枠組みの導入を検討していたとき、弁護士の福原あゆみ氏がそのプロセスに関与した。

「経済産業省は、ガイドラインの内容についてじっくり議論する研究会を設置しました。私もその研究会のメンバーの一人でした」と、長島・小野・常松法律事務所(東京)の福原弁護士は語った。

このプロセスの成果は、2022年9月に発表された、責任あるサプライチェーンにおける人権尊重に関する日本のガイドラインです。このガイドラインには拘束力はありませんが、多くの企業がガイドラインに従っています。

日本のガイドラインには何が記載されていますか?

ガイドラインは「国連の行動を実行するための日本政府の試みである」 [U.N.] 香港のハーバート・スミス・フリーヒルズの弁護士アンソニー・クロケット氏は、「ビジネスと人権に関する指導原則、勧告の内容は実際に国連指導原則の内容を再現している」と述べた。

ガイドラインでは、企業が次の 3 つのことを行うことを推奨しています。

  • 人権の尊重に関する方針を採用します。
  • 企業の業務およびサプライチェーン内での人権への影響についてのデューデリジェンス評価を実施します。
  • デューデリジェンス評価によって明らかになった悪影響を回避するために必要な措置を講じてください。

このガイドラインは EU のデューデリジェンス要件と似ています。 ここでの最大の違いは、日本のガイドラインには拘束力がないのに対し、欧州連合で採用されているアプローチはそのようなガイドラインを義務化することであるということです。

導入はどの程度普及していますか?

「日本の企業文化という観点から見ると、日本企業はこれらのガイドラインを非常に真剣に受け止めるでしょう。そして、企業がガイドラインの導入に多大な時間と労力を費やしているという意味では、ガイドラインが導入されてからこれまでのところ、確かにその証拠があります。」ガイドラインにはそうすべきだと書かれている」とクロケット氏は語った。

福原氏は、ガイドラインの導入は東京証券取引所に上場している企業の間で特に広がっていると述べた。 同氏は、一部の中小企業や非上場企業はガイドラインに従っていないと付け加えた。

福原氏は、欧州連合や米国の企業は頻繁に人権デューデリジェンスを実施しており、日本企業との取引を希望する場合にはそれを義務付けているため、日本のガイドラインの広範な実施に向けた動きが徐々にあると述べた。

Katie Nadworny はイスタンブール在住のフリーライターです。

READ  少なくとも5つの貿易協定が東京で署名される予定