Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の企業における男女格差を埋める

日本の企業における男女格差を埋める

著者:根本久美子(専修大学)

世界経済フォーラムの世界男女格差報告書によると、2023年、日本 125位 男女平等の観点からは 146 か国の中で、G7 諸国および東アジア・太平洋地域の中で最低です。

女性 計算された 2022年には、東京証券取引所のプライム市場に上場している日本企業のうち取締役を置く企業はわずか11.4パーセントにとどまる一方、西側諸国では取締役の30パーセントを女性が占めている。 中間管理職にも女性はいない。 1万社以上の日本企業を対象とした2022年の調査では、そうした企業の管理職はわずか9%だった。 女性だった

この問題を解決するために、日本には強制配分モデルと投資家圧力モデルという 2 つの異なるモデルがあります。 日本は、政府主導の社会平等への取り組みを優先し、男女別割当制を導入することで、EUのアプローチに従うことができるだろう。 2026年までにEU議席の40パーセントを女性が占める必要がある ボードの上で 大企業の。

あるいは、日本は取締役会の多様性が事業の成長と財務実績を向上させると指摘する外国投資家に耳を傾けることもできるだろう。 米国では、正式な割り当てがないにもかかわらず、女性会員の割合が過小評価されていた 33パーセント 2022 年の最大企業 100 社の中に。

日本の岸田文雄首相は、 目標を宣言した 2030年までに、優良上場企業の幹部職の30パーセントを女性が就く必要がある。 日本政府は、2025年までに日本の優良上場企業すべてに少なくとも1人の女性役員を置くことを義務付けると発表した。 1,500社以上の日本企業が加盟する日本最大の経済産業団体である日本経済団体連合会は、女性役員の割合を2030年までに30%に増やすという目標を掲げている。

しかし、企業がこれらの目標を達成できなくても罰則を受けることはない。 日本経済団体連合会は企業が自主的に目標達成に努めることを提唱しており、日本政府もこの取り組みを支持している。 多様性のための割り当てがすぐに実現する可能性は低いです。

外国人投資家は、日本企業に女性取締役の数を増やすよう促す上で重要な役割を果たしてきた。 日本の優良上場企業における女性取締役および女性幹部の数は、2016 年の 3.6 パーセント未満から 2022 年には 11.4 パーセントに増加しました。 3倍に増加 2016 年から 2022 年の間。

この変化の一因は、日本のコーポレートガバナンス改革にあると考えられます。 奨励団体による採用 米国の株主ベースの組織。 現在、日本企業は外国人投資家を主要株主として迎え入れている。

大手機関投資家や米国の議決権行使顧問会社は日本企業に対し、取締役会の多様性を高めるよう圧力をかけてきた。 State Street Global Advisors – 「Fearless Woman」キャンペーンで知られる – 反対票を投じた 2020年3月から2021年2月にかけて日本企業106社が取締役を選出した。 ゴールドマン・サックスは取締役選に反対票を投じた 400社 女性チームメンバーはいない。

彼らのキャンペーンは、多様なグループ構造が今や世界的なビジネス規制と金融発展に不可欠であることを日本に思い出させました。 しかし、日本企業の株式のうち外国人投資家が保有する割合は平均を大きく下回る約30%にとどまるため、外国人投資家の介入の影響は限定的とみられる。 アメリカ企業の70パーセント。

EUと米国のアプローチが最終的に失敗に終わった場合、日本企業は日本のビジネスシステムに根深い男女不均衡の特殊性を認識し、ジェンダー多様性に向けた独自のプログラムを考案する必要がある。

日本企業が女性管理職登用にこれほど時間がかかる理由の一つは、日本にある 確固たるコミットメント ほとんどの業界では年齢に基づいた昇進と給与が適用されます。 この難しいステップで 個人が中間管理職に昇進するには少なくとも15年かかり、幹部の地位に到達するにはさらに長い年月がかかります。 個人のパフォーマンスと能力に応じて報酬を与えることは、より公平で生産的です。

最近政府が少なくとも1人の女性を取締役に任命するよう義務付けたが、男女格差を埋める解決策には程遠い。 で インタビュー 日本の大企業の投資家向け広報責任者は取締役会に少なくとも1人は女性を擁しており、2人の管理者は経営トップが日本国民にどれだけ会社を宣伝できるかに基づいて社外取締役を選ぶことが多いと説明した。

企業は、スキルや資格を考慮するのではなく、メディアの有名人や有名人を求めます。 彼らは名声や外見を利用して会社の評判を高めたいと考えています。 しかしそれは同時に女性の疎外を助長するものでもある。

日本企業の取締役会に資格のある女性を任命することが重要です。 成績の高い専門職の女性が参加するジェンダーバランスの取れたパネル会議に関する研究によると、これらの女性は男性の女性よりも幅広い問題を扱っています。 彼らもまた そして意見の相違を表明したグループを率いて深い議論を行います。

しかし、少数の資格のある女性を取締役会に任命することは限られており、実際の変化をもたらすには十分ではない可能性があります。 別の調査では、企業はノルマを遵守しているにもかかわらず、 予約された女性取締役 重要度の低いグループタスクを処理するため。 男性幹部は取締役会管理の最も重要な任務を独占していた。

ジェンダー平等の世界基準を遵守することは確かに重要ですが、女性の参加を超えて、機関に説明責任を課し、ジェンダー動態に関する透明性を向上させることの両方が重要です。

根本久美子氏は、東京の専修大学経営学部の経営学教授です。

READ  ケカライク王の学生が日本への旅行を提示| ニュース、スポーツ、仕事