Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の企業は英語で運営するために厳選されたオフィスを選択します

日本の企業は英語で運営するために厳選されたオフィスを選択します

専門部門で英語を社内公用語にする日本企業が増えていますが、以前のようにすべての分野で英語を使用するわけではありません。

衣料品店チェーン「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングと電子商取引大手の楽天グループ。 彼らは10年前に英語を共通語として指定する計画を発表した。 この動きは全国的に大きな注目を集めた。

株式会社プロゴス 代表取締役社長 安藤益代東京:「約10年前の楽天などの動きは英語の社内言語化の第一波と言えるが、昨年から第二波が始まったばかりだ」 は企業向け英語サポートプログラムを提供しています。

徐々に変化

デジタル技術者カルティク・ナイクさん(23)は、クラウドサービスプロバイダーのマネーフォワード本社で同僚の西村ゆかりさん(34)と英語で会話した。 東京で、プロトタイプシステムの誤作動を引き起こしたプログラミングの問題を挙げた。

西村さんはナイキ社のパソコン画面を見ながら英語で「理由は分かった」と答え、素早く問題を特定したナイキ社に感心したと語った。

Naik さんは地元の工科大学を卒業し、インド出身です。

同級生の多くは欧米系の企業に就職したが、就職説明会で担当者から「日本語が理解できなくても会社では問題にならない」と聞いて、ナイキさんはマネーフォワードへの関心が高まった。

従業員2000人のうちデジタル技術者が3割を占めるマネーフォワードは昨秋から段階的に、コンピューター技術者部門の社員同士の英語でのやりとりを義務化した。

言語の移行は 2024 年末までに完了する予定です。

少なくとも 1 人の外国人が出席する経営会議では、英語が使用されることが期待されます。

マネーフォワードでは、日本人社員向けに外部スクールで毎週1時間の英語レッスンを無料で開催しています。 生徒は勤務時間内に学校から与えられた宿題をすることもできます。

このシフトはエンジニア不足を念頭に置いて行われた。 マネーフォワードは十分な日本語を確保することが難しいと考え、外国人従業員を呼び込むために日本語を英語に置き換えることにしました。

日本のコーディング専門家でも最新情報を得るには米国の英語ドキュメントを参照する傾向があるため、この変更は現在のスタッフからはあまり反対されなかった。

マネーフォワードの広報担当者は「英語を話せる人限定で協力を得るという目標を絞ったことが成功の大きな要因だ」と語る。 「現時点では、社内言語を全社英語に切り替える計画はありません。」

より広い網を張る

デジタル化の進展に伴い、テクノロジー人材の不足が企業の深刻な懸念となっています。

求人サイトを運営するDudaによると、ICTコミュニティにおける中堅エンジニアの求職者の求人倍率は、新型コロナウイルス感染症のパンデミック前は5対1を超えていたが、昨秋には10対1を超えたという。

Zoo Inc.と並んでIT企業である同社は昨年秋に新しい部門を設立したため、英語が共通語として使用されることになる。 海外での販売網の拡大を中心に、新たなサービスの開発を担当しています。

ソフトウェア エンジニアがこれに応じ、ZZhou では世界中から 500 人が同社のポジションに応募しました。

Zhouの広報担当者によると、「日本国外でコンピュータサイエンスを学ぶ人が増えているため、これらの応募者はさらに優れたスキルを備えている」という。

新設部門の従業員15人のうち10人はコンピュータエンジニアリングの仕事に就いており、そのうち5人は日本語が母語ではない。

サッポロビール株式会社 2024年から国際事業部門のメンバー50人に業務関連活動での英語の使用を義務付ける。

「グローバル事業の成長がますます重要なテーマとなる中、今後は社内外で英語でコミュニケーションをとる機会が増えると予想しているためです」とサッポロビール広報担当者は語る。

範囲を狭める

安藤氏は、新型コロナウイルス感染症の世界的なパンデミック終息後、多くの雇用主が事業拡大や新たな事業の立ち上げに積極的に取り組んでおり、英語を公用語として使用する方向に進んでいるように見えると述べた。

10年前のこの傾向の第1波では、すべての部門や部署の従業員が英語を話すことが期待され、従業員から強い批判を集めた。

同社の広報担当幹部は「一律に英語認定を受けていない個人や部隊に規則の遵守を強制するのは不適切」と述べた。

これに対し、第2波では、雇用主が英語での応募を行うのは、国際的なビジネス部門や、人材の確保が困難なIT関連の人材を必要とする部門などに限定されるという。

安藤氏は「企業は10年前に比べて雇用危機をより認識するようになっている」と述べた。 「日本の人口減少と少子化の中で、両社は成長のために海外でビジネスを行う緊急の必要性に直面している。」

これらの要因を念頭に置いて、安藤氏は「最近の変化は指数関数的に広がる可能性が高い」と予測した。

問題がないわけではない

英語を日本語に置き換えた企業は、メリットだけでなくデメリットにも直面します。

東京に拠点を置く従業員 270 名の IT 企業 Hennge KK は、2016 年に全従業員の社内公用語を英語に指定しました。その目的は、コンピュータ サイエンティストを見つけるのがより困難な場所で人材を確保することでした。

この決定は外国人雇用の増加に大きく貢献し、外国人の雇用割合は2014年には全体の1%であったのに対し、20%を超えた。

しかし、この政策により日本人エンジニアの確保は以前よりも困難になりました。 英語を話すことを避ける人もいます。 変化を理由にヘンジを辞めた人もいます。

ヘンゲは、日本人従業員に英語学習の動機を与えるために奮闘しており、従業員の言語スキルに応じてボーナスを支払っていました。

努力にもかかわらず、社内のコミュニケーション速度は低下してしまいました。

「日本語で3分で済む内容を伝えるのに30分近くかかる」とヘンゲの広報担当者は語る。 「ニュアンスを伝えるのも同様に難しく、それが情報共有を困難にしています。」

青山学院大学言語学の永井忠敬教授は、コミュニケーション上の問題の可能性について懸念を表明した。

「日本人は通常、英語での議論において最高の英語話者としての能力を持っていない」と彼は言う。 「社長やCEOに外国人が就任すると、どんなに突飛な意見でも企業内に受け入れられやすくなるのではないか」。

このような問題に直面して、ヘンゲは昨年夏、日本人従業員が英語でのコミュニケーションにもっとオープンになることを期待して、言語報酬の上限を年間108万円(7,700ドル)に引き上げた。

同社の広報部門は、国際言語支援に頼ることの利点を考慮すると、英語をやめるという選択肢はないと述べた。

ヘンゲの代表者は、「そのような法外な手当を支払うよりも、共通語としての英語をやめて社内通訳をつけたほうが安いかもしれないが、日本人と外国人の直接の接触によって優れたビジネスアイデアやソリューションが生み出されると信じている」と述べた。 「問題に対しては、デメリットよりもメリットの方が大きい。このため、今後もこのアプローチを堅持していきます。」

READ  Appleは新しいMacBookAirの詳細を確認しました