Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の会社Serendixは24時間以内に3Dプリント会社です

3Dプリントされた家を完成させるのに23時間12分しかかかりませんでした

Serendixは、日本初の3Dプリントされた家をわずか23時間12分で完成させました。 日本企業が初めて発表 -a 3Dプリント ホームデザイン-2021年の初めに、300万円(約25,500米ドル)未満で1日で建てることができると述べています。 1年後、同社は目標を達成しました。

骸骨の重さは約20トンで、組み立ては3時間で完了しました。 公式声明によると。 防水やマンホールなどの住宅建設は、わずか23時間12分で完了しました。 その結果、24時間以内に家を建てるというセレンディックスの開発目標を達成しました。

日本の会社Serendixは24時間以内に3Dプリント会社です

20メートルと20トンの鉄筋コンクリートフレーム

Serendixは、3Dプリントされた住宅を実現した日本で最初の住宅メーカーです。 吹き替え 球、 重量20メートルトン、10平方メートル未満の鉄筋コンクリート製のフレームが特徴で、日本の建築規制の例外となっています。 二重リブ補強構造により、欧州規格の断熱性能が失われ、エンジニアは日本の規格の高い耐震性能にも適合していることを確認しました。

これは、2015年のNASA 3D住宅コンペティションで優勝した日本人建築家の園正幸氏によって設計され、百人城跡工場で最初に建設されました。 24時間以内に構築できる設計の利点は、時間とコストの節約だけにとどまりません。 実際、大規模な自然災害が発生した場合、同社はオフグリッド技術を使用して、被災地の早期救援と救援を提供しました。

日本の会社Serendixは24時間以内に3Dプリント会社です

その迅速な建設はまた、二酸化炭素、建築材料の無駄、およびエネルギー消費を削減します。 完成したインテリアはまだ公開されていませんが、今後も注目していきます。

日本の会社Serendixは24時間以内に3Dプリント会社です
家はたった23時間12分で完成しました

日本の会社Serendixは24時間以内に3Dプリント会社です
20メートルトンの鉄筋コンクリートフレームが特徴です

日本の会社Serendixは24時間以内に3Dプリント会社です
ボールは日本の建築家園正幸によって設計されました

日本の会社Serendixは24時間以内に3Dプリント会社です
それは新しい車を買うのとほぼ同じ費用です

日本の会社Serendixは24時間以内に3Dプリント会社です
ボールプロトタイプ

プロジェクト情報:

名前:

会社: 一致

書く: 3Dプリントされた家

国: 日本

ジュリアナネラ ポンポンをデザインします

2022年3月14日

READ  ファンは、この珍しい日本のテレビクリップが、スーパーマリオ 64 のルイージの知られている唯一の映像である可能性があると信じています。