Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の会社Skylarkが非接触型ダイニング用のロボットウェイターを紹介

東京—来年末までに、日本最大のファミリーレストラン運営会社であるすかいらーくホールディングスが運営する2,000軒のレストランでロボットが夕食を提供する。

ロボットウェイターは、最大4人分の食事を指定のテーブルに移動し、顧客が食事を終えたらプレートを返却することができます。 8月に東京で始まった実験では、ロボットは忙しい時期に従業員が踏んだ歩数を半分にしました。

当局がパンデミックの懸念により外食やその他の活動の制限を緩和することで、スカイラークはサービスの質を犠牲にすることなくレストラン業界の慢性的な不足を補うことを目指しています。 ボットサーバーはまた、顧客と人間の従業員との間の接触を減らし、ウイルス感染のリスクを減らします。

ロボットは2022年4月末までに、一部のグストレストランやすべてのしゃぶよを含む1,000か所ほどの場所に導入される予定です。 しゃぶしゃぶ 和風花瓶シリーズ。 その年の終わりまでに、彼らは全国のSkylarkの3,000のレストランの60%以上になります。

ボットサーバーへの資金は、6月にSkylarkが調達した430億円(3億8000万ドル)から調達され、そのうち約60億円が技術投資に充てられます。

Skylarkによるその他の最近の技術的な動きには、2019年5月のキャッシュレス支払いの採用と2020年2月のタッチスクリーンメニューが含まれます。

パンデミックにより、他の日本食レストラン会社はロボット労働者を実験するようになりました。

イタリア料理店の運営会社であるサイゼリヤは、2020年春からボットサーバーを試し、9月から3番目のモデルのテストを開始しました。 そして、結果が出たらすぐに混雑した場所にそれらを持ってくることを計画してください。 バーオペレーターのワタミは現在、日本の焼肉のワタミグリルレストラン26店のうち16店で料理を提供するロボットを持っています。

READ  東京オリンピック:国立競技場の内外