Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の価格はバイラル規制の中で下落し続けています

日本の主要な消費者物価は、エピデミックな貿易規制が実際に重くなり、中央銀行がインフレ目標を達成する際に直面する課題を強調したため、3月に8ヶ月連続で下落しました。

内務省によると、2月に0.4%下落した後、生鮮食品を除く消費者物価は0.1%のゆっくりとしたペースで下落し、エネルギーコストのわずかな下落とホテル価格の安定化が景気後退の抑制に役立った。 エコノミストは0.2%の減少を予測しています。

短期間の下落は価格変動を近づける ポジティブな領域、エコノミストは、特により多くの運用制限が施行され、より安価な電話プランが今後数ヶ月で物価指数を圧迫するため、インフレが日本銀行の2%目標に向けて大きな牽引力を獲得するとは考えていません。

キーインテリジェンス

  • 菅義偉首相 東京、大阪、その他の地域では、感染の件数が増加しているため、別の非常事態に置くことをお勧めします。 より厳しいガイドラインの結果として消費者活動がさらに減少した場合、価格はさらに弱くなるでしょう。
  • 一石証券のエコノミスト、ノブアス・アタコ氏は、「政府は、来たる「ゴールデンウィーク」の休日に人の移動を制限したいと考えている。これは、一般的に忙しい時期の企業に影響を与えるだろう」と語った。 ワクチンの遅れもまた、経済を後退させる回復であると彼は付け加えた。
  • エピデミック価格を反対方向に押し上げた後、インフレは日本銀行の目標である2%を下回っています。 日銀は先月、目標を達成するための時間枠がさらに先に進められたため、刺激策の構造をより安定させました。これは、一部のエコノミストが政策正常化への一歩と見なしたものです。
  • 中央銀行は4月27日に成長と価格予測を更新する予定であり、黒田東彦総裁の任期中に日銀がインフレ目標を達成できないことを初めて示す可能性があります。
  • 「物価がゆっくりと進む限り、日銀は3月の政策変更後、次の動きをすることはないだろう。クローダはインフレが2%に達するとは予想していない。彼は物価の害にもっと焦点を合わせていると思う」とアダゴ氏は語った。

ブルームバーグ経済が言うこと..。

「将来的には、昨年春の最初のウイルス波の間に急激に下落したエネルギー価格の根本的な影響により、4月のコアインフレは約0%に戻ると予想しています。しかし、4月に更新された抗ウイルス対策によりインフレは減少します。」

-経済学者増島有希

完全なレポートについては、ここをクリックしてください ここに。

多くを得る

  • ガソリン価格は再び上昇し始め、エネルギーコストの低下を抑えました。 これにより、全体的な物価指数の低下を0.2パーセントポイント減らすことができました。 生鮮食品とエネルギーを除くと、価格は0.3%上昇しました。これはアナリストの予測と一致しています。
  • 避難所の価格は、1年前にエピデミックに陥り始めたときも変わらず、全体的な下落をさらに減らすのに役立ちました。
  • エコノミストのコンセンサスによると、全体的な消費者物価は0.2%下落した。

-佐藤朋子の助けを借りて

((詳細を更新します。

READ  ワイズシステムズは、自動化されたラストマイルデリバリーソリューションの世界的な需要を満たすために日本に拡大します