Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の保健省は、連鎖球菌性トキシックショック症候群(STSS)の大幅な増加を確認している

日本の保健省は、連鎖球菌性トキシックショック症候群(STSS)の大幅な増加を確認している

日本は、連鎖球菌性トキシックショック症候群(STSS)の急増が見られる唯一の国です。

致死率が3分の1近くに達し、2024年6月2日現在、日本における連鎖球菌トキシックショック症候群(STSS)の症例は977件あり、77名が死亡している。これは、今年のこの時点で感染者が発生して以来、最多を記録している。注意深く追跡されています。 この病気は実行されました(1999年に遡ります)。 昨年は年間を通じて97人が死亡し、死者数としては2番目に多かった。 報告によると、今年はこの数字がさらに高くなるそうです。 米国疾病管理予防センター(CDC)は、STSSと診断された人の死亡率が3分の1であることを確認しました。

問題の細菌は、連鎖球菌群 (GAS) です。 これは子供に最もよく起こり、通常は発熱と喉の痛みを引き起こします。 しかし、場合によっては、これらの細菌が生成する毒素により、細菌が血流に入り、筋肉や主要臓器に侵入することがあります。 その結果、敗血症や病気の悪化が引き起こされ、壊死性筋膜炎として知られる「人を食べる」細菌が出現し、手足や体の一部の切断を余儀なくされるケースも含まれます。

この現象は日本に限ったものではなく、世界保健機関や欧州諸国、CDCなどからの報告も2022年以降増加傾向にあります。

日本の保健省とCDCはいずれも、最もリスクにさらされている集団には子供、50歳以上の人々、免疫力が低下している人々が含まれると報告した。

Covidとの関連性はありますか?

一部の科学者によると、新型コロナウイルスのパンデミックにより、人々が細菌にさらされる機会が減り、これが連鎖球菌トキシックショック症候群の増加を説明するのに十分な人間の抵抗力を制限した可能性があるという。 東京女子医科大学教授の菊池健医師はこう語る。私たちは常に細菌にさらされていると免疫力を高めることができます。 しかし、コロナウイルスのパンデミック時にはこのメカニズムは存在しませんでした。 したがって、現在はより多くの人が感染しやすくなっており、これが感染者数の急増の理由の1つである可能性があります。」。

現時点では、連鎖球菌トキシックショック症候群の年間報告数の増加が今後も増加し続けるのか、それともポストコロナ時代後に平均値に戻るのかは依然として不明である。

READ  「感染したなんて信じられなかった」: シックス フラッグスの従業員、職場でサル痘にかかっている疑い - WSB-TV Channel 2