Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の健康委員会は、COVIDの子供たちの検査は症候性の症例に限定されることを示唆しています





(ゲッティイメージズ)

東京発-コロナウイルス対策について日本の保健省に助言する専門家委員会は6月1日、小児におけるCOVID-19の検査は症状を示すものに限定すべきであると述べた。

諮問委員会の小児科医やその他の専門家によると、単純な理由で子供たちのスクリーニングを求める学校、デイケアセンター、保護者の職場が増えています。 委員会は、この傾向が育児に圧力をかけていると警告した。

委員会は、健康な子供が利用できるMERS-CoVに対する効果的な抗ウイルス薬はなく、オミクロン変異体が重篤な疾患を引き起こす可能性は低いため、「密接に接触している人を厳密に特定することなく、現実的なアプローチと対策に移行する必要があります。 「」

一方、専門家は、子供たちはCOVID-19だけでなく、病気による状態の突然の変化に対して脆弱であると指摘しました。 そこで彼らは、子供の入院は保健所や他の行政機関ではなく、医師に任せるべきだとアドバイスした。 さらに、小児のCOVID-19症例を処理できる検査施設と医療施設の数を増やす必要があります。

さらに、委員会は、学校行事は子供の成長と発達にとって「非常に重要」であると述べました。 彼らは、「感染対策を講じた後、可能な限り」イベントを開催する必要があると強調した。

(横田愛、ライフスタイル・メディカルニュース課)

READ  最前線の労働者は、Covidの最新の波で観察された症状について説明します