Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の健康補助食品は157人の入院に関連している

日本の健康補助食品は157人の入院に関連している

東京-日本の保健省当局者は火曜日、増大する健康懸念の中心となっている日本の栄養補助食品が少なくとも157人の入院に関係していると発表した。

この数字は、小林製薬が金曜日に紅麹(ベネコウジ)を含む製品に関連して発表した入院患者114人からの増加を反映している。

小林の広報担当者は、さらなる詳細には触れずに、最近の入院状況を認めた。

小林氏は金曜日、コレステロールを下げることを目的とした栄養補助食品に関連した可能性のある5人の死亡を調査していると発表した。

政府と同社は、栄養補助食品が死亡やその他の健康上の問題、特に腎臓の問題を引き起こしたかどうかを調査している。

小林製薬は3月22日、顧客から腎疾患の報告を受け、ベネコウジを配合した市販錠剤3種類を回収すると発表した。

紅麹米は、お米をカビの培養によって発酵させて作られています。 東アジア全域で何世紀にもわたって食品、アルコール飲料、民間薬として使用されてきました。

小林さんは、工場の1つでカビによって生成される潜在的に有毒な酸を発見したと語った。

政府当局者はここ数日、同社の施設を検査している。

このスキャンダルは日本でも見出しを独占し、ソーシャルメディアでもトレンドトピックとなり、誤解を招く投稿や陰謀論も引き起こした。

小林製薬は、健康関連製品を幅広く提供する日本ではよく知られた企業です。

同社はまた、日本の約50社と台湾の2社にも紅麹米を販売したと述べた。

これらの企業の中には、ピンク色の酒やサラダドレッシングなど、これらの成分を含む食品を事前にリコールしているところもある。

台湾の保健当局によると、台湾企業はこの恐怖を受けて、紅酵母を含む154製品を予防的にリコールしたという。

台湾の70代女性もコバヤシサプリメントを数年間摂取した後に腎不全を発症したと報告されている。

READ  近くの恒星を周回する、居住可能な地球サイズの惑星が 2 番目に見つかった