Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の億万長者は、ロボット所有者が人々を幸せにする「大きな可能性」を語っています| アメリカ合衆国と世界

a 日本 購入した億万長者 ロボット工学 ペットのような仲間を作るスタートアップは、機械が人間の心の隙間を埋める鍵になることを期待している。

日本最大のファッションをオンラインで始めた46歳の前澤友作は先月、彼のベンチャーファンドがLOVOTコンパニオンズのクリエーターであるGrooveXを買収したと発表した。 CNNビジネス、契約の条件は一般に知られていなかったと述べた。

「ロボットが私を治すとは想像もしていなかった」とミズザワ氏は3月15日に伝えた。 声明 ロボットスタートアップの買収を発表。 前澤が欲しいと言ってから2年余りで購入した 女性の伴侶 月に移動します。

ウォッチ:ニューヨーク消防局ロボットドッグスポット

言葉の組み合わせで名付けられたLOVOTペットサイズのコンパニオン」そして、「ロボット」は、車輪の上を動き、人の感覚を呼び起こします。愛の本能同社のウェブサイトによると、仲間は約50個のセンサーを介して人間の刺激に反応し、頭にカメラを取り付けたぬいぐるみのように見える。

「LOVOTはくすぐると笑う。ペットを撫でると幸せになる。LOVOTは全身にタッチセンサーを搭載しているので、刺激を受けている場所を認識できる」とウェブサイトは語っている。 「屈曲した首と首を平行に接続することで、LOVOTの肩と首をスムーズに動かすことができます。」

LOVOTは掃除や肉体的な仕事をすることはできませんが、前澤氏は、特に「人々を幸せにさせることができる大きな可能性が存在する」と述べました。 COVID-19(新型コロナウイルス感染症) パンデミック。

ワシントン・エグザミナーの詳細を読むには、ここをクリックしてください

健康危機の最中に、国や地方はCOVID-19の蔓延を食い止めるために封鎖を開始しました。 制限も より多くの人々が報告 対決 心理的健康 自殺の問題と考え。

「人間とロボットの相互作用に関する多くの研究があり、人々がロボットへの本当の感情的な愛着を育むことができることを示しています。これは、設計を通じて意図的に奨励できるものです」と、 マサチューセッツ インスティテュートオブテクノロジーメディアラボ、CNNビジネス向け。

元のサイト: 日本の億万長者は、仲間のロボット工学は人々を幸せにする「大きな可能性」を持っていると言います

ワシントン・エグザミナーのビデオ

https://www.youtube.com/watch?v=videoseries

READ  保健省は日本政府からRM6milのコールドチェーン機器を受け取ります