Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の先物は強力な経済データで利益を上げ、オミクロン、オートニュース、ETオートの懸念を和らげる

月曜日の上海先物取引所での5月限のゴム契約は、130元(0.9%)上昇して14,610元(2,296ドル)でした。

東京: 日本のゴム先物は月曜日に2%以上上昇しました。これは、大規模なサービスセクター企業の調査で感情の改善が示され、オミクロンコロナウイルス変数に対する懸念が緩和されたことも投資家のリスク意欲を高めるのに役立ったためです。

5月納品の大阪ゴム取引所の契約は、0136 GMTの時点で5.7円(2.5%)上昇し、1キログラムあたり234.8円(2.1ドル)でした。

厳重に監視された中央銀行の調査によると、日本の大手サービス部門企業の信頼は12月までの3か月で改善し、パンデミックからの脱落から経済が徐々に浮上していることが示されました。

南アフリカの科学者たちは、オミクロン変異体がより深刻な病気を引き起こしている兆候は見られないと述べた。当局は、毎日の感染が史上最高に近づくにつれてワクチンブースターを展開する計画を発表した。

月曜日の上海先物取引所での5月限のゴム契約は、130元(0.9%)上昇して14,610元(2,296ドル)でした。

証券取引所は金曜日、上海先物取引所が監視している倉庫のゴム在庫が前週から3.1%上昇したと発表した。

シンガポールのSICOMでの1月納品の最も満期の月のゴム契約は、0.9%増の172.4USセント/キログラムで取引されました。

また読む:

5月納品の上海先物取引所のゴム契約は105元上昇し、1トンあたり14,490元(2,276ドル)で取引を終えた。

READ  中国の芸術家は86人の人権活動家の肖像画を示しています