Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の八十代のスケートボーダーが新しいトリックを学ぶ

大阪、日本、10月8日(ロイター)-木下義夫は、老犬に新しいトリックを教えることができるという生きた証拠です。

81歳の彼はほぼ毎朝大阪の地元のスケートパークでカーブを描いており、彼より数十年若いスケートボーダーからヒントを受け取っています。

「彼らはすべて私の先生です」と木下氏は、引退する前は建設業界の技術者として働いていたが、今でも二輪駐車場のアシスタントとしてパートタイムで働いていると付け加えた。

「最初はレールを持っていただけでした」と彼は言い、180度回転して他のトリックをマスターしました。

木下は2年前にスケートボードを始め、市場でボードを購入したとき、残りの鉄道が無免許品を販売しているのを見ました。

木下義夫は、2021年10月6日、大阪府台東の公園でカメラに向かってポーズをとる友人たちと笑う。 ロイター/友重晃

800円(7.15ドル)のスケートボードは、日本の八重奏者の人生を変える瞬間を買うことへの後押しです。

世界で最も古いコミュニティの1つである国では、人口の35%以上が2050年までに65歳以上になると予想されており、木下氏は認知症を予防する方法としてスケートボードを提案しました。

「緊張感のあるゲームだ」と彼は語った。 「ゾーニングの代わりに、スケートボードは少しでも考える能力を向上させると思います。」

「新しいことを学ぼうとしている私のような(古い)人々にとって、私たちが毎日少しずつ練習しなければ、私たちはすぐにそれを行う方法を忘れてしまいます」と彼は言いました。 「だから私は(ここに来て)毎日訓練しなければならないと思っています。」

2人の子供と2人の孫を持つ木下は、最近の東京オリンピックでスケートボーダーを見て驚いたと語った。 女子ストリートスケートボード選手権の3人のメダリストはすべて、国の金メダリストである13歳の西亜もみじを含めて10代でした。

「彼らは本当に素晴らしいです」と木下は言いました。 「正直なところ、私はそれらの5歳、4歳、または3歳を打ち負かすことはできません。それは確かです。」

どもしけ晃による報告; JaneWardellによる編集

私たちの基準: トムソンロイター財団の方針。

READ  日本企業は中国の生産への依存を減らしようとしている