Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の公務員のわずか13%が、2回目のCOVID-19緊急事態の間、ほとんどの曜日に遠隔地で働いていました。



2020年11月に東京にあるほぼ空の湊事務所(毎日/ギャン新之助)

東京発-内閣府の調査によると、今年初めの第2回COVID-19緊急事態では、日本政府が民間企業を呼びかけている中、国の公務員の約13%だけが「週に4〜5回」遠隔で働いていた。乗客数は70%。

内閣人事部は3月15日から26日まで調査を実施し、省庁で無作為に選ばれた10,457人の労働者から回答を得た。 1月8日から3月21日までの2回目のコロナウイルス緊急時に自宅や他の場所からリモートで作業することについて尋ねられたとき、約14%が「週に一度」リモートで作業し、49%近くが「週に2〜3回」行うと答えました。 合計25%が、「月に3回以下」または「リモートで作業しなかった(その期間中)」と回答しました。

「週に4〜5回」遠隔で働くと答えた公務員の割合は、2020年4月と5月の最初の緊急時の7.5%からほぼ2倍になりましたが、それでもオフィスの旅行者の70%削減目標をはるかに下回っています。 政府は民間企業を指定した。

一方、調査回答者の60%近くが、自宅や他の場所から離れた場所で仕事をしていると、オフィスにいるときよりも仕事の生産性が低下したと答えています。 一方、50%以上が、昨年春の最初のCOVID-19緊急時に遠隔作業を行った場合と比較して生産性が向上したと述べ、通信機器などの「通信環境の改善」を挙げて、40%近くまたは最大の割合を占めました。 政府は近い将来、調査結果を詳細に公表する予定です。

公務員の仕事に関しては、ダイエットセッションへの対応や法案の起草など、オフィスで働いていることを前提とした仕事がまだかなりあります。 政府は3月に在宅勤務を促進するためのロードマップを改定し、2025年度までに「あらゆる状況で必要不可欠な公共サービスを提供できるシステムを構築する」という目標を設定した。オフィスと改善営業時間の管理。

西村康稔経済活性化相は、5月11日の会合で日本経済団体連合会などに、平日の外出者数を減らすために、旅行者数を70%削減するための全力を尽くすよう要請した。 企業はまた、これらの取り組みに関するデータを開示する必要があります。

(堀和彦、政治ニュース課による日本起源)

READ  仮想DCフライインプログラムは、ビジネスリーダーと議会の代表者および政府高官を結び付けます-WBIW