Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の公的機関は、同時通訳が可能な人工知能を開発しています。  2025年大阪・関西万博で活用される技術

日本の公的機関は、同時通訳が可能な人工知能を開発しています。 2025年大阪・関西万博で活用される技術


ロイターのファイル写真
2023 年 12 月 14 日に撮影されたこのイラストには、「人工知能 AI」という言葉とおもちゃのロボットハンドのミニチュア画像が描かれています。

総務省所管の公的研究機関(東京)が、自然な会話の流れで同時通訳できる人工知能を開発したことが分かった。

2025年の大阪・関西万博では、情報通信研究機構(NICT)が開発した人工知能が活用される。

政府は2030年ごろまでに極秘情報を扱う国際交渉でこの技術を活用するとみられる。

首脳会談などの同時通訳では、発言者の発言の途中から通訳が通訳を始めます。 仕事量は膨大で、日本には日本語と英語の通訳者がほんのわずかしかいません。

NICTは通訳者と連携し、膨大なテキストデータから通訳者が翻訳を開始するタイミングをAIに学習させている。 NICTは、用語集などに加え、日本語、英語、中国語、韓国語、フランス語の5か国語で双方向同時翻訳が可能な人工知能を開発した。

米グーグルなどがAI翻訳技術の開発に力を入れているが、外国技術を利用すると情報漏えいのリスクがあり、経済安全保障のため国産AIの実用化が求められている。 理由。

NICTは、このAI技術が対応する言語を今年度末までに15言語に増やす予定です。 この技術は、来年の展示会で開催される講演やセミナーで活用され、展示スクリーンや参加者のパソコンなどに表示される予定です。

この人工知能を統合するシステムは、トッパンホールディングス株式会社グループの東京に拠点を置く会社によって開発されています。

READ  ソフトバンク・ヒューマニタリアン・パートナーが日本のAIエクスペリエンスを変革