Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の内閣は、安倍晋三のために55年ぶりに国葬を行うという伝統を破った

奈良県で選挙演説中に射殺された安倍晋三元首相の国葬が、9月27日に東京・日本武道館で執り行われる。 元首相の国葬は吉田茂さんに続いて戦後2人目。

政府は、奈良市で参議院議員の演説中に射殺された安倍晋三元首相の葬儀を、9月27日に東京都千代田区の日本武道館で執り行うことを決定した。 元首相の国葬は1967年の吉田茂さんに続き、戦後2度目。

第二次世界大戦前、1926 年に発行された Royal Funeral Service は、王室のメンバー、元首相、高位の軍人の国葬を提供していました。 戦後、その命令は撤回されたが、1967年に吉田茂が死去すると、佐出愛作内閣は国葬を行うことを決定した。 佐藤さんの訃報に際し、政府、自民党、国民の任意の寄付金の共同出資で公葬が執り行われた。

1980年に大平正芳氏が亡くなって以来、元首相の葬儀は内閣と自民党が合同で行ってきた。 2020年の中曽根康弘氏の葬儀には、野党から9640万円の公費が使われたとして批判が殺到した。

2000年6月に亡くなった竹下昇さんは、地元の島根県蔭谷市と自民党県の共催で、簡素な葬儀を希望していた。 ロッキード事件で有罪判決を受けた田中角栄の場合、葬式は田中家と自民党が共同で執り行い、内閣は関与しなかった。

7月14日の記者会見で、岸田文雄首相は、安倍首相が55年ぶりに国葬を受けると発表した。 彼はその決定の理由をいくつか挙げた.安倍首相は日本の立憲政権の歴史の中で最も在任期間が8年8ヶ月であるという事実と,再建努力を含む内政と外交における安倍首相の功績. . 2011年の東日本大震災後、日米関係を強化し、国際社会から高い評価を得た。

【1945年以降の日本の主要首相の葬式】[1945-க்குப்பிந்தையமுக்கியஜப்பானியப்பிரதமர்களுக்கானஇறுதிச்சடங்குகள்

バナー写真:1967年10月31日、東京・千代田区の日本武道館で行われた吉田茂元首相の国葬(©GG.)

READ  日本は11年ぶりに原子力発電所を運営する都市に戻る