Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の円が34年ぶりの安値に下落、介入警告が浮上

日本の円が34年ぶりの安値に下落、介入警告が浮上

カレン・ブラデル、ハリー・ロバートソン著

ニューヨーク/ロンドン(ロイター) – 水曜日、日本の通貨当局トップが急速な通貨安について話し合うために会合し、介入の用意があると表明したことを受けて、円は1990年以来の安値に下落した。

ドルは一時、対円で1990年代半ば以来の高値となる151.975円まで上昇したが、最後は0.19%安の151.29円だった。

日銀、財務省、金融庁は東京の取引時間遅くに会合を開き、その後、為替外交の第一人者である神田正人氏は「為替の不安定な動きに対応するあらゆる措置を排除しない」と述べた。

日本の当局者らは2022年に151.94円の円を守ると提案し、鈴木俊一財務大臣は水曜日、介入前と同じ言葉を使い、過度な為替変動に対して日本は「断固たる措置」を取ると警告した。

CIBCキャピタル・マーケッツ(トロント)の北米為替戦略責任者、ビバン・ロイ氏は「彼らはここである程度流れに逆らっている。介入は短期的には役立つが、長期的な解決策ではない」と述べた。

円は今年、米国債と日本の国債利回りの差の拡大により7%以上下落しており、日本銀行が先週小幅利上げをしたことにはほとんど変化がなかった。

米連邦準備制度理事会による利下げサイクルの開始と日本国外の国債利回りの低下が、今や日本通貨の下落を防ぐ鍵となる可能性がある。

「介入や介入の脅しは実際には、国外でより持続可能な基盤で状況が変化し始めるまでの時間を稼ぐための動きではないかと思う」とロイ氏は語った。

キングドル

好調な経済指標や中央銀行当局の反発を背景に投資家が大幅利下げへの期待を後退させたことで、ドルは四半期ベースで堅調な上昇を見せている。

チューリッヒ・インシュアランス・グループの首席市場ストラテジスト、ガイ・ミラー氏は、米国通貨高の重みで他の通貨も苦戦していると述べた。

ミラー氏は「米国経済は、特に世界の他の国々と比べて、大方の予想よりも好調だ」と述べた。

ドル指数は0.11%上昇して104.40となり、2024年までに3%上昇している。

今週の市場の主な焦点は聖金曜日の米国総合インフレ統計だが、火曜日の米国耐久財受注が予想を上回ったことがドルを幾分押し上げ、円の重しとなった。

ユーロは0.15%安の1.0814ドル。 ポンドは0.07%安の1.262ドル。

スウェーデン中央銀行が金利を据え置き、今後数カ月間に追加利下げを示唆したことを受け、ドルはスウェーデンクローネに対して上昇した。 前回は0.33%上昇の10.62クラウンでした。

スイスフランは水曜日、1ドル=0.9071フランまで下落し、11月初旬以来の安値を記録した。 スイス通貨は先週のスイスの予想外利下げの影響で依然として動揺しており、年初から約7%下落している。

仮想通貨ではビットコインが1.15%安の6万8987.91ドル。

(ニューヨークではゴードン・プラッデルがレポート、ロンドンではハリー・ロバートソン、シンガポールではトム・ウェストブルックとタラ・ラナシンハが追加レポート、サム・ホームズ、リンカーン・フィースト、トビー・チョプラが編集)

READ  日本:Nintendo Switch が今週トップに返り咲く