Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の円は日銀の介入を疑っており、利益を維持できず、Money News

シンガポール-日本銀行による早期介入の疑いにより、月曜日(10月24日)の2回連続の取引で日本円は4円上昇しましたが、強い米ドルに対して上昇を維持するのに苦労しました。

円は早期取引で 1 ドルあたり 149.70 (S$1.43) の安値を付けた後、数分以内に 145.28 の高値に上昇し、日銀は 2 日連続で介入しました。 しかし、通貨はすぐに 148 に戻りました。

ナショナル・オーストラリア銀行(シドニー)の外為戦略責任者、レイ・アドリル氏は「日銀の介入は盲目的に見える。そうでなければ、ドル円はこのようには動かないだろう」と語った。

金曜日の介入により、ドルは 32 年ぶりの高値である 151.94 円に達し、日本の通貨の上昇に拍車をかけ、7 円高の 1 ドル 144.50 円になった。

これは、日本の介入が確認された 2 番目の例ですが、トレーダーは、今年ドルに対して 22% 下落した通貨を下支えするために、日銀が過去 1 か月間に別の機会に介入したのではないかと疑っています。

ゴールドマン・サックスのアナリストは、この介入は日銀が円安を抑制し、超低金利政策に時間を割くのに役立つだろうと述べた。

ゴールドマンは先週、「最初の介入以来、円のベータレートは低下しており、ドル/円の双方向のボラティリティを引き起こすことにより、介入のステップが繰り返されることで、しばらくの間、その状態が維持されるだろう.

「この政策構成はしばらくの間、最適とは言えず、中期的には持続不可能になるだろう」と述べた。

[[nid:602114]]

ドル指数は 0.063% 上昇して 111.87 で、ユーロは 0.02% 下落して 0.9858 ドル (S$1.40) でした。

英ポンドの最終取引は 1.1343 ドルで、この日は 0.36% 高でした。ボリス・ジョンソン前首相が月曜日のリズ・トラスの後任選挙から撤退したという週末のニュースが一因となっています。 金融市場の混乱。

リシ・スナク元首相は、英国の次期首相になる最有力候補として浮上している。

オーストラリアドルは対ドルで 0.4% 下落して 0.6370 ドル (S$ 0.57) になり、キーウィは対米ドルで 0.16% 上昇して 0.576 ドルになりました。

暗号通貨の中では、ビットコインが 2.08% 上昇して 19,578.40 ドル (539 億シンガポールドル) でした。

READ  ケープタウンは日本のスターデュトワに別れを告げていません