Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の出光興産は、2050 年までにカーボン ニュートラルを達成することを目指しています, Auto News, ET Auto

出光興産は、日本の石油精製・石油化学会社です。 世界で最も差し迫った課題が 2050 年までにカーボン ニュートラルになることで、出光のような日本企業は産業構造を変えてカーボン ニュートラルになろうとしています。

出光興産の三科哲二関係者は、徳山コンプレックスは出光初の製油所として1957年に設立されたと語った。 「7年の時を経て、隣接して化学工場を建設し、2014年に石油精製事業を停止しましたが、石油化学コンビナートの原料供給に貢献しています。」

「2050年までに事業で使用する二酸化炭素をゼロにする取り組みを進めています。バイオマス発電の原料は木質チップです」と三科哲二氏は語ります。

植物は燃えるときに二酸化炭素を排出しますが、植物が成長するときは光合成によって二酸化炭素を吸収します。 成長から燃焼まで排出量に影響を与えないという性質があります。

担当者は「木質バイオマスを燃料に火力発電を行い、熱を出さずに発電することを目指している」と話した。

アンモニア燃料は、二酸化炭素を排出しない次世代燃料として期待が高い。

「現在、サプライチェーン輸送を確立し、日本に持ち込んで保管し、焼いて、顧客に提供しようとしています」と三品哲二氏は述べています。

さらに担当者は「CO2を排出しない次世代EVであり、この新型4人乗りが開発されれば、工場内の通勤だけでなく、再開時にも利用できるようになることを期待している。 環境にやさしいモビリティユーザーとしての市民のために。 トクヤマ事業所は設立以来、地域社会にエネルギーと必須化学物質を安定的に供給するという社会的使命を果たしてきました。」

「将来的に持続可能な社会を構築するために、私たちはカーボンニュートラルなエネルギー供給者に変身します。この活動を通じて、私たちは社会的存在を確立できると信じています」.

「同社はグリーン水素生産に挑戦しており、2027-28 年までに生産する水素の 5% をグリーン水素として、2029-2030 年までに 10% を目標としている」とインド石油公社は述べた。 水素は知られている最もクリーンなエネルギー源ですが、地球上に純粋な形で存在することはほとんどありません。 それらは水中の酸素または炭素を制限して、化石燃料などの炭化水素を形成します。

READ  ナイジェリアの駐日大使、自動車産業の復活で NADDC DG を称賛