Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の出生数が初めて80万人を下回る

日本の出生数が初めて80万人を下回る

ロイターのファイル写真
2019 年 5 月 4 日、東京の皇居の外で日本の国旗を掲げる子ども。

東京 2 月 28 日 (時事) — 厚生労働省は火曜日、2022 年に日本で生まれる新生児の数が初めて 80 万人を下回り、過去最低を記録したと発表した。

速報によると、その数は前年比4万3169人(5.1%)減の79万9728人で、厚労省が集計を開始した1899年以来の最低水準だった。

出生数は、政府の予想よりも急速に減少しています。 同省の国立社会保障・人口問題研究所は、2017年に、外国人に生まれた子供を含む新生児の数が、2033年に初めて80万人を下回ると推定した.

後者の結果は、戦後の 2020 年と 2021 年の結婚登録数の減少に影響された可能性があります。

保健省の関係者は、パンデミックにより、人々は出産や新生児の育成について心配しており、出産数に影響を与える可能性があると述べました。

2022 年の死亡者数は 129,744 人、つまり 8.9% 増加して 1,582,033 人となり、過去最高を更新しました。

日本の自然人口、つまり死亡数から出生数を差し引いた数は、782,305 人に減少し、初めて 70 万人を超えました。

2022 年の結婚数は 1.1% 増加して 519,823 件となり、3 年ぶりに増加しました。

1947 年から 1949 年の第 1 次ベビーブームと 1971 年から 1974 年の第 2 次ベビーブームでは、年間出生数が 200 万人を超えました。

出生数は 2016 年に 100 万人を下回り、2019 年には 90 万人を下回りました。

速報データは、在日日本人、在日外国人、海外在住日本人を対象としています。 最終的な出生数は、日本に住む日本人のみを対象とするため、最初のレポートで言及された数よりも少なくなります。

省当局者は、2022 年の出生数は、最終的には 76 万から 78 万の間になると予想されると述べた。

READ  COVIDロサンゼルス:郡は1月の急増以来最高の約10,000件の新規症例を報告しています