Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の刑事が電通を家宅捜索し、オリンピックの捜査を拡大する

東京 (AP) — 日本の検察官は金曜日、東京オリンピックに関連する汚職捜査が拡大する中、大手広告会社電通の本社を家宅捜索した。

地元のテレビ放送局は、東京地方検事と公正取引委員会の関係者が電通の本社に入る様子を映した。

電通は、日本でのイベント企画、マーケティング、広報を独占しています。 東京 2020 大会の開催に貢献し、その後記録的な国内スポンサーを獲得しました。

電通の元幹部である高橋晴行氏は、ゲームのスポンサーとなったさまざまな企業から賄賂を受け取った容疑で、ここ数か月で4回逮捕されました。

日本のメディアの報道によると、最近の調査は、テストイベントのために選ばれる会場の談合に焦点を当てている. テストイベントは2018年に始まり、オリンピックに備えて、セーリングやウェイトリフティングなどのさまざまなスポーツが含まれていました. テストイベントに選ばれることは、実際のオリンピック会場を選ぶ上で非常に重要です。

日本経済新聞などの報道によると、入札談合でやり取りされた総額は 5 億円 (360 万ドル) で、9 社 1 団体が関与した。

過去のスポンサーシップスキャンダルに関与した企業の中には、日本のオリンピックチームに服を着せたアオキホールディングス、東京のオリンピックとパラリンピックのマスコットであるミライトワ、ソメイティを制作したサンアローが含まれていました.

8月から身柄を拘束されている高橋は五輪運営に多大な影響を与えた。 彼が受け取ったと言われている賄賂は、合計で1億9000万円(140万ドル)を超えています。

電通にコメントを求めたが、すぐには返答しなかった。 日本の報道によると、談合の疑いで家宅捜索を受けたイベント会社である Cerespo からは、現時点でコメントは得られていません。

東京地検は、このような日々のニュースの展開についてコメントしていません。 しかし、森本博司法副長官は最近、記者団に対し、オリンピックに関する調査は継続中であると語った。

拡大するスキャンダルが、2030年冬季オリンピックを主催する日本の入札を台無しにする可能性があるという憶測が高まっています.2020年オリンピックは、コロナウイルスのパンデミックにより1年間延期されました. IOCは、日本の調査を監視していると述べ、「この問題の完全な解明に関心がある」と強調した.

___

影山ゆり Twitter https://twitter.com/yurikageyama

READ  35万人が「オリンピックのキャンセル」の請願書に署名することで、日本はウイルスの緊急事態を拡大する-スポーツニュース、Firstpost