Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の労働党首は安定したより良い仕事のために戦うことを誓う

日本最大の労働組合の会長は、より良い賃金と条件を求めて闘っているすべての労働者の声に耳を傾ける決意であると述べた。

吉野朋子は、日本の労働組合連盟であるリンゴを率いる最初の女性です。

AP通信との木曜日のインタビューで、彼女は、女性や他の脆弱なグループに最も打撃を与えたパンデミックの後、安定した仕事が最優先事項であるべきだと述べた。

伝統的に、日本の労働組合はしばしば「正規労働者」または常勤のフルタイムの仕事に従事する人々を代表してきました。 レンゴは、臨時契約労働者、パートタイム労働者、自営業者など、ほとんどが女性である「不規則な」労働者の間で仕事の組織化を奨励する取り組みを強化している。

「最も緊急の問題は、安定した雇用を確保することです。 先月、約700万人の労働者組合の党首に選出された吉野氏は語った。

彼女は、日本の子供たち、特にひとり親家庭の貧困率は、先進国の中で最も高いものの1つであると述べました。

「彼らの日常生活に安定をもたらすために、私たちは彼らの仕事を保護するためにステップアップしなければなりません」と彼女は言いました。 「そういう意味では、レンゴの社長として、こういう人たちに手を差し伸べ、声に耳を傾け、より良い職場環境を求めていかなければならないと思います。」

厚生労働省が火曜日に発表した年次報告書によると、日本の自殺者数は昨年、912人増加して21,081人となり、2009年以来初めて増加した。

この増加は流行によるものでした。 男性の自殺者数は11年連続で減少したが、女性の自殺者数は15%増加して7,026人となり、2年ぶりに増加した。

レンゴの主な責任は、特に毎年恒例の「春闘」賃金交渉において、そのメンバーの雇用主と交渉することです。 しかし、吉野首相は岸田文雄首相が「新資本主義」と呼んでいる不平等の拡大に対抗する方法を議論するために任命された政府委員会のメンバーでもある。

この役職で、「レンゴ以外の労働者も含め、すべての労働者について話しているので、労働条件の改善、人権の保護、不平等の是正のために、不規則な労働者を代表してしっかりと話したい」と述べた。

紙面では、日本の女性は職場の男性と同じ権利を持っています。 実際、これらの法律は施行されていません。 女性の給与、福利厚生、昇進の機会は男性よりはるかに遅れています。

彼女は、ジェンダーの不平等は国の税制と年金制度の一部であるが、それは労働者の権利に関するより広範な問題の一部にすぎないと述べた。

「私たちは機会均等に努めなければなりません」と彼女は言いました。 「会社は、各従業員の扱いに責任があります。」

READ  スチュワートインベスターズアジアパシフィックリーダーズサステナビリティ:2021年9月ファンドアップデート