Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の労働組合は、1990 年代以来最大の 4.5% の平均賃上げを要求している

日本の労働組合は、1990 年代以来最大の 4.5% の平均賃上げを要求している

東京(ロイター) – 日本の労働組合は、春の賃金交渉で20年以上で最大の賃金引き上げを要求している. .

日本労働組合総連合会(JTUC)によると、全国の2,000以上の組合を対象とした調査によると、今年の需要は平均4.49%増加し、1998年の4.36%以来初めて4%を超えた。 JTUC の声明によると、これは 1990 年代半ば以来の最高値でもあります。

世界第 3 位の経済大国の労働者は、40 年前にパンデミックが高インフレの脅威にさらされた後、弱い経済回復を維持するために賃金を引き上げるという政策立案者の呼びかけに勇気づけられてきました。

高いコスト負担にもかかわらず、日本の大手企業は、雇用危機の中で熟練労働者を維持するために大幅な賃上げを約束しました。

世界最大の自動車メーカーであるトヨタ (7203.T) は先週、過去 20 年間で最大の基本給の引き上げを求める労働組合の要求を受け入れ、続いてライバルのホンダ (7267T) が組合との間で 5% の賃上げを要求することに同意した。

最新のアップデート

さらに 2 件のストーリーを表示

ゲーム大手の任天堂 (7974.T) は労働者の基本給を 10% 引き上げると発表し、ファッションの親会社であるファーストリテイリングのユニクロ (9983.T) は最大 40% の引き上げを発表した。

JTUC プライマー 偵察 それは、日本語で「春闘」と呼ばれる今年の年次労働協議中の平均組合需要が、2022年の2.97%をはるかに上回っていることを示した.

「連合」としてよく知られているJTUCは、約700万人の労働者を代表する国内最大の労働団体です。 中小企業で一時的に働いたり、組合に加入していない人は、賃金の伸びが一貫していない場合でも低い傾向にありますが、転換の結果は、国内の賃金動向の前兆と見なされています。

JTUC によると、労働組合と企業は昨年、2 年前よりも高い平均 2.07% の賃上げに合意しましたが、成長を促進するために岸田文夫首相が要求したより大きな賃上げにはまだ達していません。

日本経済研究センターは1月時点で、4月から始まる1年間の主要企業の賃金上昇率は平均2.85%で、1997年以来最速となるだろうと予測している。

日銀当局者は、賃上げ交渉の結果は、超緩和的な金融政策の将来の方向性を決定するための重要なベンチマークであると述べました。

小宮勘太郎によるレポート。 ヒマニ・サーカーによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  ヒュンダイ、水素エンジン開発に向けて一歩前進 - International PV Magazine