Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の労働組合団体が33年ぶりの大幅賃上げを発表、中央銀行の転換を予告

日本の労働組合団体が33年ぶりの大幅賃上げを発表、中央銀行の転換を予告

東京 – 日本の最大手企業は2024年に5.28%の賃上げ(33年ぶりの高水準)に合意したと日本最大の労働組合団体が3月15日に発表し、中央銀行が間もなく景気刺激策から離脱するだろうとの見方を強めた。 。

日本銀行が8年間にわたるマイナス金利政策を終了する瀬戸際にあると見られる中、予想を上回る好調な結果となった。 銀行関係者らは、転換のタイミングは2024年の年次賃金交渉の結果次第だと強調した。

政策立案者らは、大幅な賃金上昇が家計支出を押し上げ、経済全体のより持続可能な成長をもたらすことを期待しており、経済は2023年後半の景気後退入りをかろうじて回避している。

日本労働組合総連合会(連珠)によると、大手企業の従業員らは年間5.85%の昇給を要求しており、30年ぶりに5%を超えた。

約700万人の労働者を代表するリンゴ社は、その多くが大企業に勤めているが、基本給の3%以上の昇給を目指していた。基本給はボーナスの基礎となる賃金曲線を決定するため、賃金力の重要な尺度である。 、退職金とボーナス。 年金。

アナリストらは2023年の3.6%と過去30年で最高水準となる4%以上の上昇を予想していた。

連珠の吉野智子社長は記者会見で、所得格差の拡大、インフレ、雇用危機が大幅な賃金上昇の要因の一つであると述べ、今年度のパートタイム労働者の賃金上昇率は6%になると付け加えた。

吉野さんは、この国は経済回復への移行において重要な段階にあると述べた。

政府は、全企業の99.7パーセント、国の労働力の約70パーセントを占める中小企業への賃金引き上げに依存している。 しかし、その多くは、顧客に高いコストを転嫁する価格設定力がありません。

ほとんどの中小企業の賃金交渉は3月末までに終了する見通しで、引き上げ額は大企業が合意した額よりも低くなる可能性が高い。

日本企業は賃金を引き上げたが、その増加はインフレにほぼ追いついていない。 インフレ調整後の実質賃金は22カ月連続で減少した。

人手不足

労使交渉では、年次交渉の主導者であるトヨタ自動車を筆頭に、過去25年間で最大の賃上げを明らかにするなど、好成績が次々と現れた。

賃金の大幅な上昇を受けて、中銀が早ければ3月18─19日の次回政策会合でマイナス金利を終了するとの期待が強まる公算が大きい。

日本企業は従業員の高齢化と減少により慢性的な人手不足に直面している。

岸田文雄首相は、日本が長年のデフレから脱却し、OECDの富裕国グループの平均を大幅に下回ったままのわずかな賃金上昇に終止符を打つために、企業に給与を上げるよう求めている。

年次賃金交渉 – と呼ばれる 汕頭 春闘は日本企業の特徴の一つであり、他の国に比べて労使関係が協力的な傾向にある。 ロイター

READ  報告書は潜在的な紛争の影響を示している