Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の労働者と企業の二次的福利厚生の報告



東京都千代田区大手町方面にある日本商工会本部をこのファイル画像で示しています。 (毎日/高津博之)

東京(京都)-日本最大のビジネスロビーグループは最近、国の人口動態の課題のいくつかに対処しながら、より幸せで生産性の高い労働力のためにこの取り決めを提供しながら、人々が二次的な仕事をすることを可能にすることから得られる利点を示していると報告しました。

経団連と呼ばれる日本経済団体連合会の報告書は、労働力不足や厳しい企業文化への不満に対処できるさまざまな追加作業を人々が行えるようにする柔軟性を高める方法に焦点を当てていました。

昨年調査した国内の約500社のうち22%だけが従業員に二次就職を許可しているが、報告書は、片付けへの関心の高まりが人々の労働力の長期滞在につながる可能性があることを示唆している。

報告書によると、この慣行は、退職後のキャリアで使用できる新しいスキルを労働者に与えることによって、日本の労働力の減少にある程度対処することができます。

最も重要なことは、このレポートは、経済的な理由で2番目の仕事に就く必要があるだけでなく、不幸で変化を望んでいる人々に焦点を当てていることを明確にしています。

レポートは、スキルをより大きな利益のために移転する方法として教育者の役割を担うITシステムエンジニアの例を提供します。 別のケーススタディは、HRオフィサーが地域の小規模企業がより高度な従業員システムを開発するのをどのように支援できるかを示しています。

キダンレン氏は、従業員の総労働時間の管理が困難であり、専有情報が失われる可能性があるために二次雇用を禁止する企業の問題など、日本の労働文化が進化するために克服すべきハードルがあると述べた。

しかし、その利益は潜在的な問題を上回る可能性があると彼女は述べた。そのようなプログラムは、従業員が社外で新しい洞察を得るときにイノベーションを促進することができる。

経団連は、二次職を認めたくない企業に対して、「副業」の選択肢、または従業員が自社の他の部門で働くことを認めるという選択肢を提案した。

報告書は、コロナウイルスのパンデミックの間に必然的に推進される在宅勤務とより柔軟な雇用の取り決めの出現は、これらのタイプの労働改革に有利に働く可能性があると述べています。

昨年487社から回答を得た調査では、78%が労働者が追加の仕事を引き受けることを許可していないと述べた。 経団連は、企業が特定の状況に応じてこの慣行を提供するかどうかを検討することが重要であると述べた。

ロビーは先週発表された経団連の報告書で、二次採用を促進するための主要企業15社の取り組みをまとめたもので、機密情報やその他の種類の損失が懸念される場合、多くの企業が採用規則で二次雇用を制限すると明示的に述べていると述べた。機能の。 ダメージ。

15社のうち、三菱地所はサードパーティのソフトウェアを使用して、過労を防ぐために2番目の仕事での従業員の労働時間を監視しています。

東京海上日動火災保険株式会社残業、家庭用品メーカーのライオン株式会社は月30時間の制限。 午後10時以降に2番目の仕事に取り組み、従業員は次の就業日の前に少なくとも10時間休む必要があります。

主要なモバイルプラットフォームおよびeコマースオペレーターであるDeNAは、従業員が必要に応じて作業時間の最大30%を他の部門に費やすことができるシステムを導入しました。

三菱地所はまた、従業員が仕事時間の少なくとも10パーセントを彼らの主な職務以外の活動に費やすことを要求するシステムを確立しました。

READ  政府の企業や機関が月着陸船プロジェクトの計画を発表