Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の動物園、レアアース採掘からゴリラの生息地を守るために古いスマートフォンを回収

日本の動物園、レアアース採掘からゴリラの生息地を守るために古いスマートフォンを回収





京都市動物園のゴリラ(写真提供:京都市動物園)

京都 — 京都市動物園と全国のパートナーは、ゴリラの保護活動への資金集めに新たなアプローチをとっている。それは、来園者に古い携帯電話 (スマート アンド フリップ) を公園の募金箱に捨てるよう呼びかけることである。 なぜ彼らはゴリラを救うためにリサイクル電子機器に注目しているのでしょうか?

ゴリラがいる動物園は日本に6か所しかない。 有名なニシゴリラ 4 頭が、京都の自然生息地である熱帯雨林を模倣して設計された囲いの中に収容されています。

同動物園は9月に「ゴリラの生息地を守るため、スマートフォンや携帯電話をリサイクルしてください」と書かれた回収ボックスを設置した。 朴さんによると、木箱はすでに8割が埋まっており、ソーシャルメディアでのキャンペーンに関する投稿には「ぜひ支援したい」「送りたい」などの応援コメントが寄せられているという。 もしよろしければ、(電話で)メールで。」

これは、国際協力に重点を置く京都を拠点とする非営利団体であるテラ ルネッサンスと、全国の 4 つの動物園(京都市動物園、東京の上野動物公園、千葉市動物公園、愛知県の日本モンキーセンター)との共同事業です。 。 上野動物園はすでに回収活動を完了しており、わずか1か月で222台の中古携帯電話を集めた。





京都市動物園にある使用済み携帯電話の回収ボックス(写真提供:京都市動物園)


レアゴリラとレアメタル

Gorilla Security と中古携帯電話のペアリングは、ランダムな選択ではありません。 共通の要素は、レアメタルという 2 つの言葉で要約できます。 これらの金属は、スマートフォンなど、私たちが毎日使用する電子機器の多くに含まれているため、大きな需要があります。 しかし、大量のレアメタルを生産している国は世界中でほんの一握りであり、その中にはゴリラが生息している国もあります。

たとえば、テラ・ルネッサンスによると、アフリカ中央部のコンゴ民主共和国(DRC)にはタンタルやコバルトなどのレアメタルが大量に埋蔵されている。 しかし、そこは野生ゴリラの生息地でもあります。 DRC はレアメタルを採掘して富裕国に販売することを好み、これらの資源を巡って反政府武装勢力と頻繁に衝突している。 多くの民間人を殺害した戦闘。 さらに、採掘活動により森林の生息地が破壊されているため、ゴリラの数は減少しています。

この問題に着目し、テラ ルネッサンスとその動物園パートナーは、廃棄された電子機器から貴重な物質を抽出する「都市採掘」という概念に落ち着きました。 同NPOによると、日本では毎年約65万トンの小型家電が捨てられているという。 そして、そのゴミにはレアアースを含む844億円相当の貴金属が隠されている。

この提携では、動物園で回収した携帯電話を1台30円(約20セント)でリサイクル業者に売却し、そこから抽出されたレアメタルが最終的に新たな製品に生まれ変わる。 このプロセスは双方にとって有利です。 レアメタルのリサイクル供給により、新たに採掘された材料の必要性が減り、ゴリラの生息地の保護に貢献する一方、携帯電話の販売収益はコンゴ民主共和国の紛争の犠牲者を支援するために寄付されます。

京都市動物園の毎日代表は「ゴリラは人気の動物だが、私たちが何気なく持ち歩いているスマートフォンによって生息地を奪われ、苦しんでいる。このキャンペーンを通じて現状を理解してもらいたい」と話した。 . .」

京都市動物園の電話回収キャンペーンは12月27日まで。

【敷良光太郎】

READ  日本の飛行機火災:炎上する飛行機から家族が避難「まだショック」 世界のニュース