Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の動物園は大きな動きを見せたが、ゾウの繁殖は失敗に終わった

アフリカゾウのペアを 2 つの別々の動物園間で移動させるという日本での最初の試みは、オスのゾウが死亡し、不利な状況により絶滅危惧種を繁殖させる努力が妨げられた後、失敗に終わりました。

アフリカゾウは、国際自然保護連合の絶滅危惧種のレッドリストに掲載されているため、輸入は現実的ではなく、現在の動物園の住人が死亡すると、日本人はその種を二度と見ることはありません.

牙のための森林伐採と密猟、そして生息地の喪失が、動物の生存を危険にさらしていると非難されています。

日本は象牙取引に関して複雑な記録を持っており、多くの国が象牙取引を完全に禁止しているにもかかわらず、国内ではまだ許可しています。 1990 年のワシントン条約により、象牙の公式な国際取引は終了しましたが、闇市場は依然として存在しています。

動物園関係者は「日本では、アフリカゾウは本の中でしか見られない動物になっている。

この2022年10月の写真では、秋田市の秋田大森山動物園から繁殖プログラムのために宮城県仙台市の焼山動物公園に移されたアフリカゾウの花子. (京都)

2018年秋、秋田市の秋田大森山動物園にリリーというメスのアフリカゾウがやってきたことから繁殖プログラムが始まりました。 宮城県仙台市の焼山動物公園から転入してきました。 別の女の子、花子は反対に行きました。

リリーは秋田の雄牛であるダイスケと交尾する予定だったが、2021年3月に死亡した。 3 頭のゾウは移行時に 29 歳でした。

岩手県の盛岡市動物公園には若いメスのゾウ、マオがおり、当初は取り決めの一部と考えられていたが、参加しなかった. エバット動物園の雄牛であるダロは、合意に達した後、2018 年 11 月に死亡しました。

「ゾウが30代になると繁殖までの時間が短い。何とかしたかった」と大森山市の三浦雅也さん(50)はプロジェクトの発端を振り返る。

リリィも花子も排卵せず、産卵に成功。 しかし、状況は変わらず、33 歳になった 2 頭は元の動物園に戻るのを待っています。 秋田に戻ると、花子は一人になる。

JAZAによると、1984年には日本動物園水族館協会が所有する動物園に84頭のアフリカゾウが飼育されていた。 7 月現在、12 の動物園で 23 頭のゾウが飼育されており、うち 4 頭がオスです。 性質上、雄牛は飼育下で繁殖するのが難しく、寿命が短いのに対し、雌はより従順で長生きします。

サハラ以南のアフリカでよく見られるアフリカゾウは、地球上で最大の陸生哺乳類です。 サバンナの草原や森林に多く生息しています。 専門家によると、動物園の環境は自然の生息地とは大きく異なるため、ゾウが繁殖に必要な社会的スキルを習得するのは難しいとのことです。 女性の 22 か月の妊娠も課題を生み出します。

日本ではゾウの赤ちゃんが9回誕生しています。 最初は1986年に群馬県富岡市の群馬サファリパークで、最後は2013年に愛媛県砥部市のとべ動物公園で行われました。

とべ動物園の椎名治さん(60)は「わだち掘れの雄牛を飼いならそうとしたのではなく、自由に成長させたのでわだち掘れになった」と語った。 わだち掘れは、オスのゾウが繁殖意欲が高まるために攻撃的になる時期です。

「雄牛はパートナーとの相性も良かった」と彼は付け加えた。

複数の動物を飼育することで群れの特徴を再現することは可能ですが、スペースや予算の制約から困難です。

2016年、とべ動物園で子ゾウに乳を飲ませたゾウが死亡した。 彼女の息子は現在、別の動物園で「飼育ローン」で生活しています。

東京の大島公園動物園の大戸津和香さん(46)によると、ザザでゾウの繁殖を監督する特別なソフトウェアは、日本には20年以内にアフリカゾウがいなくなると予測している.

JAZAが各地で繁殖クレジットや人工授精を模索する中、音津さんは「アフリカゾウが健康で長生きできる環境を作りたい」と話した。

READ  日本はオミグランの社会的広がりの最初のケースを疑う