Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の動画共有サイト「ニコニコ」がサイバー攻撃を受けた

日本の動画共有サイト「ニコニコ」がサイバー攻撃を受けた

東京:日本の人気動画共有サイト「ニコニコ」が「大規模なサイバー攻撃」を受け、サービスを停止したと運営者が発表した。

運営会社ドワンゴは土曜日遅くの声明で「ニコニコは現在大規模なサイバー攻撃を受けており、影響を最小限に抑えるためサービスを一時停止している」と述べた。

同氏は「調査と対策を急いでいるが、サイバー攻撃の影響を完全に排除した上で安全性が確保されるまではサービスを復旧できない」と述べ、復旧できる見込みはないと付け加えた。それで。 今週末にサービスが復旧しました。

ニコニコ動画は、音楽からスポーツ、趣味まで様々な動画を共有できる日本最大級の動画共有サービスで、政府関係者の記者会見などのライブ配信も行っています。

ニコニコのウェブサイトに加えて、親会社のカドカワの公式ウェブサイトとその電子商取引サイトエプテンも「海外からの不正アクセス」の可能性により影響を受けたと出版社は日曜日に発表した。

東京に本拠を置く角川書店は「土曜日未明から複数の角川グループのウェブサイトが閲覧不能となる現象が発生し、ご心配とご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」とのコメントを発表した。

同氏は、角川が「情報漏えいがあったかどうか」も含めて攻撃の影響を調査しており、外部の専門家や警察とも協力していると付け加えた。

ドワンゴは月曜日に最新情報を提供すると述べた。



READ  PS5サイバーマンデーセール:PlayStation5の価格が低価格に値下げ