Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の化粧品会社は1.08マイルを呼び出します。 卵アレルギー報告後の項目



マンダムモワトレデオドラントショット(無臭)は、マンダム株式会社のウェブサイトからのこの画像で見られます。



マンダムモワトレデオドラントショット(サボン)は、マンダム社の厚意によりこの画像に表示されています。

大阪-日本の化粧品会社がマンダムをリコール卵アレルギーの子供たちの健康に害を及ぼすとの報告を受けて、4つの頭皮ケア製品(販促サンプルを含む合計108万アイテム)が自主的に自主的に提供されました。

すべてのアイテムはパラ医薬品であり、卵白に由来するリゾチーム塩酸塩と呼ばれる物質が含まれています。

大阪に本拠を置く同社によると、2020年3月から2021年9月までの間に卵アレルギーによる健康被害の報告が3件あった。2歳から10歳の子供たちは呼吸困難、発疹、嘔吐などの症状を訴えた。 そのうちの1人はアナフィラキシーショックも経験しました。

リコール対象の製品はエアゾールスプレーです。 アイテムには当初、卵から供給された成分が含まれているという通知がありました。 健康被害の報告を受けて、マンダムは2021年2月にアレルギー反応を引き起こす可能性があるというメモを追加しました。

同社の広報部門は、「健康被害に関するアドバイスを受けて、2020年7月にウェブサイトで消費者への警告を開始し、2021年に出荷された製品にラベルを付けましたが、書面による警告を強化するだけでは適切な対応ではないことがわかりました。 」



マンダムモワトレデオドラントショット(クリアハーバル)は、マンダム社の厚意によりこの画像に表示されています。



LucidoScalpとBodyJet Sprayは、MandomCorpの厚意によりこの画像に表示されています。

チェックアウトする製品は、マンダムモワテデオドラントショット(無臭、サボン、クリアハーバル)とルシードスカルプ&ボディデオドラントジェットスプレーです。

(大阪市ニュース部菅沼舞による日本語原作)

READ  既知の最大の彗星は、私たちの近くに向かって見えて見えるようになっています